【住宅購入体験談】譲れない条件は妥協せず、納得いくまで質問を
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、マイホームを購入された方の体験談です。立地や予算、建物の強度など様々な条件をクリアして購入に至ったようですね。

子供たちがのびのびと暮らせるように、マイホーム購入を決意

私は愛知県豊橋市在住の35歳の専業主婦です。

我が家がマイホームの購入を思い立ったのは、二人目の子供を妊娠した時でした。当時住んでいたのは古いアパートの2階で、2LDKだったので広さは申し分ありませんでした。

しかし、子供が大きな声を出したり、足音がうるさいと1階の住人に迷惑がかかってしまうので、それを気にせずにのびのびと暮らせるようにと、家の購入を検討し始めました。

私たちで考えてこれだけは譲れないという条件は、次の通りでした。4人家族で暮らせる広さがあることと、私の両親の実家に近いこと(車で十分ほどの距離)、水害が心配される場所がある地域だったのでそこを避けること、以上の三つです。

色々なハウスメーカーのモデルハウスやら、折り込みチラシの分譲物件やらと色々な物件を見て回りました。

真摯に質問に答えてくれるハウスメーカーの家を購入

ある程度の予算や希望が叶う範囲が絞られてきた頃に、ある折り込みチラシに乗っていた分譲物件に目が留まりました。

条件を満たしていて、私の実家にほど近い、比較的閑静な住宅街にあるその物件を、さっそく見に行ったのですが、主人がその外観を一目見て気に入り、結局その分譲住宅を見に行った翌週に購入の契約をしました。

その分譲住宅を作っていたハウスメーカーは大きな会社ではないものの、私の住む地域では割と知られているところでした。購入の際にもこちらの質問にも色々と丁寧に答えてもらったので、安心して購入することができました。

その物件を最初に見に行った時は、外観はできていたのですが、内装はまだできていませんでした。ですので、購入が決まってからも進捗状況を見に何度かお邪魔しました。

建てる際にどういう点に気を使っているのか、どこにお金をかけているのかなども納得するまで質問しました。また、地震が心配されている地域なので、その耐震強度やその根拠なども妥協せずに質問しました。きちんと納得できる返事をもらえました。

内装費は少し少ないものの、納得のいく住宅を得られた

こうした結果我が家が購入したその分譲住宅は、最初の立地や予算的な条件をクリアしていることと、建物の強度という点ではコストがかかっています。

その分、内装にかける費用が少し削られている物件ですが、欲しかった収納スペースや、水回り・お風呂の機能も充実していましたので、こんなものだろうと納得しています。

住んで3年近く経ちますが、子供たちものびのびと楽しそうに走り回って遊んでいる様子を見ると、購入してよかったと思います。

関連記事