【購入体験談】評判のいい不動産屋でマイホーム購入し満足
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は自宅を購入された方の体験談です。子供が生まれてライフスタイルの変化で住宅を購入される方もいますね。周りの環境や公共交通機関、子供の進学先などチェックする項目も多々あるのではないでしょうか。また、対応が良くてきちんと要望を聞いてくれる評判の高い不動産業者を選ぶことも大事ですね。

親身で好印象のスタッフがいる不動産屋で購入

私は兵庫県在住の38歳の主婦です。不動産購入はマイホームです。
子供も成長し、アパートでの生活に限界を感じ購入を考えました。

物件は4LDK二階建てです。駐車スペースは通常二台、小さな車ならもう一台追加できるスペースがあります。
こちらの物件を選んだ理由は、まず場所です。小学校や中学校に近いこと、登下校の途中に繁華街・商業施設が少ないこと、自宅周りに子供を持つ家庭がいること、そして地区に小学生が多いことが主な理由です。子育て真っ最中の時期に購入を考えたので、まず子供の環境を一番に考えました。

不動産屋さんを選んだ理由は、夫の職場で、この不動産屋さんで現在進行中の方が複数おられて評判もよかったこと、両親にも相談して納得してもらったこと、営業の方が女性でまだ契約していないけれど親身になって相談に乗ってくださったこと、セールスを全面に押してこられなかった事が好印象だったからです。

また、たとえ「ご縁がなかったです」ということになっても、この営業の方ならきれいに断る事ができ、どこかで出会っても気まずい思いをしなくてもいいだろうな、と思う営業の方でした。
他にも、設計の方はオタク要素満載の方で「私は設計に生涯捧げています」というかたでとても面白かったのです。この方なら、面白い設計をしてもらえると思いました。

苦労した点は税金の知識がないことと、親との関係

購入に際して苦労した点は税金についての知識が不足していた事です。固定資産税・収得税が土地と建物それぞれにかかったり、特例措置があったりで大きなお金が動く割に詳しく説明を聞く機会がなかったことです。ネットを前にして必死に情報収集しました。

他には、親との関係。親は、いずれ同居を想定していました。なので、「もう一件家が増えてどうするんだ」と中々折り合いがつかない日々がありました。結局、実家では生活できない事情が発生し、親も理解してくれたので購入に至りましたが、一番の苦労した点です。感情が入ると後々引きずるので、親との関係は大事であり、見切り発車は絶対にやめたほうがいいと思いました。

思っていたところと違う点はあったが、快適に暮らしている

購入後は、快適に過ごしています。「しまった」と思う点は、間取り図の見方が間違っていて、腰窓だと思っていたところが吐き出し窓になっていたことと、押し入れで上下だけに分かれていると思っていたら田の字に分かれていた事です。きちんと見ていればわかりきったことでしたが、他に気をとられていたことと、思い込みで見落としていました。

でも、そこは使い方次第でどうにでもなる程度だったので、今は快適に生活しています。購入後も、不動産屋さんとのつきあいは続きます。感じのいいスタッフの方がおられるところを選んでよかったと思っています。
(体験談は以上です)


関連記事