【購入体験談】マンション購入で、自分たちの気に入った土地に住める喜びを実感
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は中古マンションを購入された方の体験談です。小さい子供がいながらの物件探しは大変ですね。家族にとって環境の良い土地と住み心地の良い物件は大事ではないでしょうか。また、住宅ローンを組む際も審査が通らないことのないように事前に調べておくことも必要ですね。

偶然降り立った地が気に入り、そこにマンション購入

私は京都府在住の33歳の専業主婦です。
今年、同じ京都府内で中古マンションを購入しました。
夫が35歳になる今年、住宅ローンの30年or35年?を考えると、そろそろ住宅購入を考えようかなと夫婦で話していました。

今年の始め、実家への帰省の際に小さい子どもが一緒ということもあり電車でのんびり空港へ向かっていたところ、途中で路線を乗り換えるために降り立った駅がありました。

改札をでて、少し住宅地を歩いただけですが、なんだかのどかで雰囲気が良く、気づくと夫婦して「ここいいねぇ」と感想を述べ合っていました。その気持ちはお互いに変わらず、実家から戻ってから、その土地にターゲットを絞って物件を探してみることに。そして見つけたのが現在の物件です。

小さい子どもの面倒を見ながらの物件見学は大変

築30年の中古マンション。もともと味わいのある建物が好きな夫婦でしたので、古さはあまり気になりませんでした。それよりもリノベーションをして、自分たちらしい雰囲気を出そうねと前向きに話が進みました。そして、何より土地の魅力が一番の購入の決め手でした。自然があり、素晴らしい美術館があり、春には桜が美しい・・調べるほどに、そして、実際に家族で足を運んで歩いてみるほどにその土地に惹かれていきました。

物件購入にあたっては、その前に住んでいた賃貸マンションを紹介してくれた不動産屋さんに協力をしてもらいました。一度物件を紹介して頂いているという安心感もありましたし、とても献身的に動いてくださいました。

購入の際に大変だったのは、小さな子どもの面倒をみながら、いかに物件の隅々までチェックができるかということです。小さな子どもを抱えての物件見学は、子どもに気を取られて、なかなか集中する事ができませんでした。出来るものならば身動きのとりやすい子どものいないうちにじっくりと購入を検討したり、また子どもが生まれてからの物件見学の際には親に子どもの面倒をみてもらうのが理想的だなとしみじみ思いました。

住宅ローンの審査では、それまでの家賃支払状況もチェックされる

また、初めて住宅ローンの申請をしてみて知ったのですが、住宅ローンの審査の際には、それまでの家賃の支払い状況などもしっかりとチェックが入ります。督促を受けてから支払いをしたことが何度か・・というのは、審査の際不利となりますので、物件購入をご検討の方は、賃貸にお住まいの頃からどうぞ気をつけてくださいね。

物件を購入してみて、自分たちが気に入った土地に住める喜びを強く感じています。これから住み心地が良くなるかどうかは自分たちの努力次第だと思っているので、地元の情報を敏感にキャッチしたり、子どもと行くと楽しいスポットなど、どんどん開拓していきたいと思っています。
(体験談は以上です)


関連記事