【住宅ローン体験談】新築分譲マンションを購入し三井住友信託銀行で住宅ローン組みました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、新築分譲マンションを購入し住宅ローンを組まれた方の体験談です。マンションに住んでいてもいつかは一戸建てへと考えてる方も多いようですね。間取りより立地で選ぶことで売却時にあまり値下がりしない価格で売り出されることもあるようですね。

新築分譲マンション購入

私は愛知県名古屋市在住の37歳の主婦です。
新婚生活を始めるにあたり、賃貸物件と、分譲物件と迷いましたが、今後の資産にもなると思い、分譲マンションを購入しました。

賃貸は、お金を掛け捨てというイメージがあり、選択しませんでした。家賃より、住宅ローンを組んだほうが、住宅ローン控除も受けられるので、メリットだと思いました。

新築分譲マンション。12階建ての5階、4LDK。89㎡。
最寄り駅まで徒歩2分でとても近い。自分の実家へも徒歩10分以内で近い。
ショッピングセンターやスーパー、病院が近くにある。子供が生まれたときのことを考えても広さが十分。

南向きで日当たりがよい。間取り、収納も十分。ベランダがひろい。どちらかといえば、物件の中身より、立地にこだわって選びました。

三井住友信託銀行を利用

主人がトヨタグループの社員なので、トヨタグループむけに特別に設定された住宅ローンを選びました。

具体的には、金利に少し上乗せするだけで、がん保険も含むタイプで、がんと診断された場合、残りのローンが免除されるというものです。
また、繰り上げ返済の手数料はいくらからでも何度でも無料になるというものです。

手数料がかからないので、こまめに繰り上げ返済するようになり、予定より借入残高は減ってきました。

マンションの場合、やはり、信頼できる会社が建築や管理をしているところがいいと思います。
住宅ローンは、まずは自分が勤める会社と提携しているところがないかを調べてみるのもいいと思います。

繰り上げ返済を頻繁にしたいのであれば、繰り上げ返済の手数料が無料というところを選ぶのもいいと思います。
また、マンションであれば間取りや外観よりも、立地を優先した方がいいと思います。

マンションは間取りより立地が大事

マンションは資産です。とりあえずマンションに住んで、いつかは一戸建てをと考えている方も多いと思います。
マンションを売りに出したとき、間取りより、立地が大事です。いまは、リノベーションやリフォームなどもありますので、間取りはいくらでも変えられます。

我が家のマンションも築9年を迎えましたが、駅が近いということもあり、新築購入時よりもあまり値下がりしない価格で売りに出されているようです。
空室もほとんど出ないため、マンションの管理組合もきちんと機能しています。

マンションの場合、「住む」という目的ももちろんですが、「資産」として将来的に価値の下がりにくい物件を選ぶのもポイントだと思います。
(体験談は以上です)


関連記事