【住宅ローン体験談】住宅ローンをイオン銀行で組みました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は住宅ローンをイオン銀行で組まれた方の体験談です。35年という長期間のローンを組まれる際は将来のこともしっかりと計画を立ててからローンを組まれるといいですね。

住宅ローンはイオン銀行

私が今までに一番額の多いローンを組んだこと、それはもちろんマイホームのローンです、
3500万円のローンを組みました。
マイホームを求めて、たくさんの住宅会社を巡ったので、幾つかの銀行でローン審査をしました。

やはり銀行によって、借り入れ金額は違うようで、マックスは4200万円でした。
私が借りた額は3500万円でした。いくらマックス4200万円借りられるとはいえ、それはギリギリのラインです。
そこまで借りたら、あとのことが怖くて仕方がない。現実的に考えて、返すことができるであろうローンを組みました。

名前を出してもいいのでしょうか?借り入れした銀行はイオン銀行です。
何より金利が安かったからです。それと購入した住宅がイオン銀行と取引をしていました。
他にも大手の銀行の提携があり、勧められましたが、金利など考えて、イオン銀行を選びました。

変動金利で借り入れし特約でガン保険をかけました

もちろん変動金利です。固定のほうが安心できるという思いはあったのですが、あまりに変動金利が安いこと。
そして、回りの方のほとんどが変動金利で借り入れしていることを考慮して、そうしました。

固定も安くはなっているとはいえ、もし変動金利があと1パーセントでも上がったら、きっとほとんどの方が支払えなくなるのではないかと思ったのです。
だから変動金利はもちろんその名の通り、変動なのですが、やばくなるほど金利が上がることはないだろうと、楽観的な憶測で決めました。
もちろん希望的観測であることは分かっております。

ただ、35年という長期間ローンを組みましたので、保険はかけました。
それはガン保険です。詳しくいうと、ガン保険みたいなものです。
その変動金利に0.3パーセント足すことにより、特約を組めるのです。
それはもし借り主である私がガンと診断されたら、その時点でマイホームローンがなくなるという特約です。

0.3パーセントは少なそうに見えて、元金の多いマイホームローンとしては、かなりの金利上乗せです。でも今のご時世、ガンと診断されてしまう方は決して少なくありません。
私もいつガンを患うか、分かりません。ならない保証もないです。
もしかしたら、ガンになってしまったときのことを考えて、別にガン保険に入るなら、この特約を付けようと決めました。

自分に合った状況を見極めて金利を選びましょう

確かに月々の支払いは増えますが、万が一のときは、家族のためになります。
まだマイホームローンははじまったばかりなので、利息をただただ返している状態です。希望的観測で借りている要素も多いので、考えすぎると正直怖いこともありますが、考えすぎたら、こんな額はとても借りられません。

マイホームローンで悩んでいる方、まずは借りることです。考えすぎては借りられません。その上でどんな特約を組めば、将来の万が一に備えられるか?そこが何より重要かと思います。

ただ今は固定よりも変動金利がオススメです。組み換えしている方も多いですしね。
しっかり何をつけたら将来の安心につながるか、そこを見極めて、組みましょう。
(体験談は以上です)


関連記事