【リフォーム体験談】築28年のマンション・水廻りをリフォームしました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、水廻りをリフォームされた方の体験談です。リフォームをする際は業者選びは重要ですね。実績や経験が豊富・アフターメンテナンスもしっかりしているなど大事ですね。業者によって得意分野があるので目的に合ったリフォーム会社を選ぶといいですね。

水廻りをリフォームしました

私は宮城県に住んでいる49歳の専業主婦です。
築28年2DKのマンションに新築時から住んでいます。
この頃マンションのリフォームラッシュで同じマンションの知り合いの方がユニットバスの入れ替えをしてとても良かったと聞いたので、かねてから懸念事項だった水廻りを思い切ってリフォームする事にしました。

いろんな業者さんからリフォーム勧誘のチラシが入ってくるのですが、私はマンション近くにあるリフォーム専門の業者さんを選びました。
近くである事、現物を確認出来る事、ショールームを設けていて幾つもの施工事例が紹介されていた事等がこの業者さんを選んだ理由です。

具体的にリフォームした場所はユニットバスの入れ替え、こちらは水廻り専門のメーカーのショールームに行きサイズ違いのものを確認して選びました。
当初は違うメーカーを勧められましたが、「床の乾燥」にこだわりを持っていたのでこちらの意見を通させて貰いました。(少し金額がUPしました)

既存のUBを解体して配管を新しいものに入れ替えてもらえて安心しました。
(ここまでほぼ半日で終わりました)翌日新しいUBを組み立てて(ここも半日で終わる)一日置いて(コーキングが乾く時間)お風呂に入れる事に成ったのですが、段取り次第ではもう少し早く出来たのでは?と思ったりしました。

様々な箇所をリフォーム

洗面台とその配管も新しくして、ついでに洗濯機置き場の配管も変えました。
洗面台は何を間違ったのか鏡上部の収納が現場で入らなく、大工さんが困って収納棚を分解して棚を作ってくれました。
臨機応変な大工さんで良かったのですが、この件は明らかに現場監督の確認不足が原因と思われ少しガッカリでした。
洗濯機パンの交換はごみ取りが楽なタイプに変えました。以前のものはゴミが溜まりやすく又掃除がしにくかったのです。

排水が溢れるが心配でしたが今度のタイプは掃除も楽で心配が無くなりました。(マンションなので階下へ水漏れも凄く気にします)
トイレは節水タイプ(こだわり)に変更しました。
キッチンは使い勝手に問題は無かったのでそのまま再利用。排水トラップの交換とガスコンロの交換、換気扇を掃除の楽なものに、そしてタイルからキッチンパネルに交換。
扉の面材にシートを貼ってもらいイメージを少し変更しました。把手もシンプルなものに変更しました。

ここでも残念だったのは換気扇です。最初は気付かなかったのですが選んだ換気扇と違うものが取り付けられていました。
たまたま知り合いが様子を見に来て換気扇の話になり、よく見たら選んだものと違うものが入っている様でした。
というのも、そのショールームにディスプレーされてあったもので、「手入れが楽でお勧めです。」と言われたものを選んだのですが(進めた人は現場監督とは別人)どうも手配ミスの様でした。
勿論取り替えてもらいましたが、知り合いが遊びに来なければ気付かなかったかも知れません。

リフォームの際は品番だけでなくカタログ・サンプルなど手配してもらうことを勧めます

結構、リフォームするまでに片付けとかこちらもする事が色々合って、そしてリフォーム中は毎日違う人が入ります。
私の場合は現場監督が毎日現場に張り付いて見て居てくれるという感じではありませんでした。
素人は早々間違いに気がつかないと思います。
お見積もりは勿論出してもらってそして契約をして工事に入ったのですが、どれを決めたか//特にキッチンに関しては既存のものを使ったので、品番だけの表示でした。
UBや洗面台、トイレのように画像で確認出来なかったのです。

リフォームの契約の時は品番だけでなく画像(カタログ)も一緒に出してもらう事をお勧めします。きっと施工する側にとっても良いと思います!
それから壁紙やキッチン扉のシートを選ぶときはカタログだけでなく現物のサンプル(少し大きめ)を手配してもらうことも出来る様です。
よりイメージが掴みやすいとの事、リフォーム中に遊びに来た知り合いが言っていましたよ!

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事