【欠陥住宅体験談】大手業者の高級マンション購入・しかし欠陥マンションでした
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、欠陥のマンションを購入された方の体験談です。高級マンションに惹かれて購入されたようですが高級だから質がいいというものではなく、住み心地の悪い欠陥だらけのマンションだったようです。大手業者だから安心できるわけでもなさそうですね。

高級マンション購入…欠陥マンションでした

私は三重県在住の37歳の専業主婦です。
私のかつての実家の話ですが、それはひどい欠陥住宅でした。
今から30年ほど前に私が小学生だった時、両親がその時住んでいた会社のビルの管理人室からマイホームを購入して転居したいと思ったらしく、
当時住んでいた地区の隣の地区に現在でも高級マンションを売るメーカーとして有名な建設会社が新たなマンションを建てるということで、
モデルルームを見に行ったところ、両親が気に入ったので購入することになりました。

欠陥に関しては我が家にはほとんどなかったのですが、同じマンションに住む他の住人さんから隣の声が筒抜けになっているとか、引き戸の締まりが悪いとか、果ては上の階の住人の子どもがちょっと騒いでいただけで下の階の照明がぐらぐら揺れるという状況があったと聞きました。

また住人の中にたまたま建築関係の職人さんという人がいて、床の状況を見てみると通常の施工ではありえないくらいいい加減な施工になっていたということも聞きました。
また外壁に関しても1年も経過しないうちに、ひびが入ってきたりするなどの状態になっていました。
その状況は私も見たことがあり、自分がちょっと触っただけでも外壁が簡単にはがれたという覚えがあります。
そんな状況からしても、子どもながらに明らかに欠陥だということがわかりました。

施工・設計ミス・手抜き工事によるいい加減が原因

原因は、最初から施工会社がいい加減だったような感じだったからと両親から聞いています。
複数の住人がマンションの欠陥を訴えていたので、何度かマンションの管理組合と建設会社側で話し合いがあり、順番に無料で欠陥を直せる範囲のものは直したということです。

しかしながら、そのような欠陥が見え見えで住んでいることに不安を感じたことに加えて、実父側の高齢の祖父母との同居が決まり、そのマンションでは家族全員が住むことは難しくなったので、6年後に一戸建てを購入してマンションを退去しました。

当時は両親も県内にはほとんどなかった高級マンションというものに惹かれてついつい購入してしまったようですが、高級マンションだからといって質もいいかというとそうではないと思います。

物件購入は慎重に

両親はモデルルームに行ったときに、残りの戸数が少なくて自分たちの予算で購入できる物件は1つしかなかったらしく、そこで営業担当者から購入を迫られたようで深く考える余裕もなくついつい購入してしまったそうです。

しかしやはり家は大きな買い物ですし、そこに住む以上過度なストレスを与えられる状況を作りたくないものです。
家を購入する時は、特に慎重になって購入する必要があると思います。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事