36470729_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は実際に不動産会社に勤める方が、住宅を売買する時のポイントについて解説してくれます。なかなか聞けない不動産業者の本音を教えてくれているので、大変参考になる内容でした。

不動産仲介業者が教える業者の選び方

不動産仲介業をしている30歳男性です。店舗内店舗という事で大手ショッピングセンター内に出店をし、その店舗で勤務しております。

店舗の場所柄、買い物ついでのお客様のご来店が多く、購入意欲の高く無い検討段階のお客様のご利用が目立ちました。
購入意欲が高く無いとは言っても不動産屋に来店するくらいなので、営業マンがお客様をしっかりとグリップできれば取引は活発に行われました。

戸建ては見た目では分からない

取り扱いはマンションが多かったですが、中古で不動産を検討する場合、戸建の物件は個体差が大きく、どんなに不動産に詳しくても状態などで分からない部分がありますのでオススメはしていません。

マンションの方が個体差が少なく、中古で購入しても大きな間違いは少ないと思います。

不動産業者が教える不動産業者の選び方と売り方の注意点

実際は営業担当者の実力次第!?

売却時の不動産業者の選び方のポイントになりますが、不動産売却の成功は基本的に不動産会社単位では無く、営業担当者の力量ややり方に大きく影響されます。

不動産価格の査定について

一度査定した会社で社内の別担当者に再度査定してもらうことは難しいので、一社でも多くの会社に査定を依頼するのが良いです。ネットの不動産一括見積もりサービスなども使ってみると良いかもしれません。

私自身、他社の査定より500万円高い査定をして売り切ったこともあります。根拠と自信があれば高値での挑戦も提案してくれる営業担当が一番良いですが、なかなかいません。

一括査定サービスはこちら

【業者の本音】安いほうが売りやすい、売れれば手数料が稼げる

なぜなら、物件が売れなければ手数料が入りませんので、早く売りたいと考えるのが通常の不動産会社で、そのために安めに売り出したいのも通常の不動産業者です。

思い切り安い値付けや、そこそこ安い値付けができれば事務所に帰って良くやった!と褒められるのは業界の常識です。

そのような業者、担当者の利己主義に振り回されないためにもたくさん話しを聞いて、信頼できる担当者を選ぶのが良いと思います。

今の時代はネット広告があるので販売網はどの業者も同列

販売経路は最低限ネット広告を出せるのであれば問題はありません。大手のメリットはほとんど無いです。不動産業者間でも物件情報をやりとりしていますので、販売経路を心配するよりも、条件良く売却するための作戦が間違っていないかを考えたほうが失敗しません。

不動産会社の担当者も人間

担当者も人間なので、他社とのコンペについて嬉しく思うことは無いですから、きちんと礼儀を通したほうが良いです。

親戚からの入れ知恵で複数の業者から話しを聞くように言われているなど、角が立たない話しをしながら丁寧に対応すれば営業担当にとって、悪い印象にはならず、なおかつ第三者に話しても通じるような細かな説明をしようと思いますし、できる限りの条件を出してくるはずです。

査定金額は高いだけでなく信ぴょう性のほうが大切

複数社から査定金額が出たら、その中で一番高い査定額ではなく、信ぴょう性のある査定をした業者にお願いをすると、結果的に良い売却ができるはずです。

いくら高い金額を提示してきた業者があっても、その金額で売却できなければ、最終的には値段を下げなければなりません。

不動産業者の選び方まとめ

今回は現役不動産業者のかたが、業者の見分け方から物件の売却のポイントまで詳しく解説してくれました。

個人的には高く売ったほうが手数料も高くなるので嬉しいのかと思っていましたが、少し多めに遅くもらうより、少し少なめに早くお金が欲しいというのが業者の本音なのですね。

また、大手も地元の業者も販売力に大差が無いというのは大変勉強になりました。最後は営業力のある営業担当に当たるかどうかというのが大切なようです。
もし不動産を売却する機会があったら、今回の記事を参考にしてみてください。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

関連記事