16076426_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は不動産会社で働く現役の不動産屋さんからのお話です。不動産屋が何をしているのかがよく分かり、大変参考になりました。

不動産会社の内側から見た不動産売買の実態

私は20代の男性で、不動産の売買仲介の会社で働いています。俗に言われる大手の不動産会社です。

お客様は様々で、若い方から、お年寄りまであらゆる層の方がいらっしゃいます。お客様からのご依頼、つまりお客様が当社を使う目的で多いことは大きく二つあります。

不動産の査定は慎重に行っています

一つ目は、自分の持っている不動産の査定をしてくれないかという依頼です。

この依頼を受けると私たちはお客様の不動産を様々な面から調査し、価格を査定した価格査定書というものを作ります。

その査定書をお客様に説明しながら、お客様に売却のご依頼を頂けるように頑張っています。価格の査定イコール売却の依頼とはならないことがこの仕事の厳しさだと思います。

売却の依頼を受けられなければ、今までやったことは全て無駄になってしまいます。

お客さんの要望をこまめに察知して物件を提案しています

二つ目は、不動産を購入したいので、良さそうな物件を紹介してほしいという依頼です。恐らく、この依頼が最も多いと思います。しかし、不動産を購入されるお客さまはほとんどの場合、複数の不動産仲介業者へ依頼をしているので、購入を希望しているお客様が必ず当社で購入してくださるとは限りません。

その為、できるだけお客様のご要望を細かく聞き、お客様のご要望に合うような不動産を紹介することが私たちにできることです。お客様のご要望というのはその時々によって変わりやすいものでもあるので、常にその変化を察知し、時にはこちらから提案することも必要であると考えています。

区分マンションと一戸建ての住宅がメイン

私が扱っている物件は主に区分マンションと一戸建ての住宅です。当社で最も取り扱いの多い種類の不動産です。

私は営業と並行して不動産の調査や物件の査定も行っていますが、特に調査業務に対しては集中して進めています。いくら上手く話がまとまったとしても、不動産の調査が不足していて、結局契約ができなくなってしまうことや、お客様から仲介責任を問われて訴えられてしまうこともあるので、毎回緊張感を持って仕事に励んでいます。

査定価格には出来る限り根拠を示すようにしています

また、査定も大切な仕事です。不動産の査定額というのは外から見ると基準がわかりづらく、曖昧なイメージがあると思います。その為、お客様に査定書の説明をする時は、できる限り根拠を示すことで客観性を持たせることを心がけています。

不動産仲介業者のお客様は高齢であることも多いので、その相手に応じてわかりやすい説明を考え、実行しています。また、不動産というお客様の大切な資産を扱う仕事なので、責任感を持ち、真摯な気持ちで仕事をすることを心がけています。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも、しつこい営業がないサービスを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. イエイ

    イエイ

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    イエイは、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、厳選された全国1000社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    査定価格を知りたいだけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    イエイの公式サイトはこちら


関連記事