16153168_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は秋田銀行で住宅ローンを組んだ方の自宅購入体験談です。

土地を購入して新築の家を建てました

私は秋田県に住む31歳の公務員です。土地を購入して新築の家を建てました。

まず土地についての購入のポイントは
①土地は日当たりを重視。南側が開けていて日差しを確保できるようにすること。
②角地であること。
③雪国のため、雪捨て場に困らないように広い土地であること。
です。

 家を建てる時のポイントは
①将来的なメンテナンスも考えて外壁をレンガにしてメンテナンスがかからないようにしたこと。
②そのことで火災保険が安くなったこと。
③信用できる工務店であったこと。
です。

住宅ローンは秋田銀行を利用しました

住宅ローンを選ぶときに気を付けた点や、苦労した点は、金利(固定金利、変動金利)についての知識がないため、いろいろと勉強したことです。自分の収入とローンのバランスを考えることにも苦労しました。

また、団体信用生命保険や就業不能信用費用保険の条件を付けたうえで、金利の比較をおこないました。3つの銀行に掛け合い、比較して最終決定しました。自己資金とローン借入金のバランスについても気を付けた点のひとつです。

頭金を多く入れて、ローン借入金が少ないほど、返済が楽になりますし、金利に支払うお金も少なく済むので、トータル的にはお金の節約になりますが、頭金を入れすぎると、購入後に貯金などが減って生活に余裕がなくなるのも困るなぁと考えてそこは悩みました。

知り合いに購入のアドバイスをするとしたら

 まずは収入とローン返済のバランスです。毎月苦労せずに返済できるかどうかが大切だと思います。職業や務める会社によって金利も異なることがありますので、できるだけ多くの銀行の住宅ローンを調べ、一番良い条件(保険などのオプションを付けたう上で)で組めるところを選択することが大切だと思います。

新築の家を建てる場合、家を建てている最中に設備のグレードや仕様、ケーブル配置などの変更もありますし、引っ越し費用や家具の購入等で、実費がかかることが多くありますので、その資金を考慮したうえでローンの借入金額を決めると良いかと思います。

車の購入など新規にローンを組む予定がある場合は、住宅ローンを組んでからにしないとローン審査が通りにくくなるので気を付けたほうが良いです。

(体験談は以上です)


関連記事