18463566_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は福島市で中古の一戸建て住宅を購入した方の体験談です。

毎月お金を払うだけのアパートよりも一軒家が欲しい

私は福島市在住の35歳の男性です。妻一人子一人にて約五年程アパート生活をしておりました。子供はアパートに住み始めて三年目に生まれたのですが、1LDKのアパートに3人で住むには少々狭いと言う事と、自分達の物にならない物件にいつまでも毎月お金を払い続けている事への不満から一軒家の物件を探し始めました。
転職前も転職後も転勤が無い会社でしたので、土地は今までと同じく福島県福島市で考えました。また、妻の希望もあり私の親と同じ町内を第一希望に探しました。

蓄えも少なく転職したばかりだったので中古物件を探しました

以前に勤めていた会社があまり良い給料ではなかったため、蓄えもそれほどなく新築は夢のまた夢で探した物件は中古物件です。
約二年間ほど色々な物件を見て回りましたが、他の方に先を越されたり、予算オーバーであったり、気に入った物件ではなかったりと中々良い縁に恵まれませんでした。

また、私が転職したため新居生活から遠ざかってしまいましたが、農業関係の加工業に転職をし一年が過ぎた頃の日曜日に、なんとなく遠回りをして帰ってみた所、売り家となっている物件を見つけ、早速、不動産屋さんに連絡を取りました。下見をさせて貰った所、妻の第一希望である住所は勿論の事、金額、家の雰囲気と100点満点でした。この物件は契約はしていないが、リフォームの見積もりをお願いしている人がすでにいた為、即日に契約をさせて貰うことにしました。

住宅ローンはJAバンクを利用 審査が通るかとても心配でした

そうなると、心配になるのが住宅ローンです。いざ契約を進めてもローンが下りなければ住宅購入は勿論の事、今後の住宅購入も非常に厳しくなってくるであろう為、心配で心配で仕事が手につかない日も、夜眠れない日もありました。

借入に選んだ銀行は金利が低いと言う事と、先に新築を建てた友人の勧めや妻の情報などからJAバンクを選びました。インターネットでも金利の低さは飛びぬけている上に、私たちが住んでいる場所は復興支援による金利の引き下げ優遇があり、家を探し始める頃には住宅ローンをする会社は既に決めていました。

その中で、審査の判定で心配なことは家族収入もありましたが、最低条件である勤務年数一年以上という条件です。一応、条件は満たしてはいましたが、一年を経過して半年も経っていない為、そこが妙に引っ掛かっていたのです。無論もう転職するつもりは全くありませんでしたが、気持ちは評価に入らないでしょう。

なんにせよ妻を連帯保証人にする事で満額を借りることになり夢のマイホームに住み思い出してみれば些細なことではあったかもしれませんが、当時は受験生の気分でした。友人知人で購入を考えている人がいれば、とにかく消費税が上がらない内に、また近場の知り合いであれば支援ありのJAバンクを勧めたいと思います。

(体験談は以上です)


関連記事