5050440_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は転勤を機に自宅マンションを売却された方の体験談です。

横浜市の駅から徒歩1分のマンションを売却

私は40歳の専業主婦です。マンションを売却した当時は、横浜市のニュータウン内の2LDKのマンションに住んでいました。子供が1歳をすぎ、育児休業があけて職場に復帰していました。

もうひとり子供もほしいけど、高齢出産だったので、すぐに考えないと遅くなるなぁなど、2LDKだとこれから手狭になるなぁなどと考えだしていた頃でした。

単身赴任したもらうか一緒に引っ越すか

主人の転勤が決まり、期間も3年から5年とはっきりせず、単身赴任も考えたのですが、まだ子供も小さいし、主人も父親としての意識がこれから育っていく大事な時期。どちらも実家が遠いため、もし別居を選択した場合、私は仕事を続けるためのサポートが全くない状態だったため、仕事を辞めついていくことにしました。

友人の不動産屋は自分のことばかり

こうなると買ったばかりのマンションをどうするべきか。友人だった不動産業者に頼もうと思ったのですが、期間限定での賃貸だと相場よりだいぶ安い値段しか設定できないため、ローンの金額と修繕積立金、管理費などを合わせた額より安くなってしまうことや、なかなか借り手がつかないなどと言われて、あまり良い顔をしてもらえず、そうこうしているうちに引っ越す日が近づいてきました。

当時、駅から徒歩1分のこのマンションは、中古でも値崩れしていないという話で、ポストにはたびたび売りませんかというチラシが入っていました。それを見ることはあっても、その時点で手放すことは考えていなかったので、捨ててしまっていたのです。

偶然の出会いが運命の出会い

ですが、ばたばたとしていた引っ越しの最中、ひょいっと仲介業者の方とマンションの前でお会いすることがあり、もしも売るとしたらどのくらいになるのか、どういう手続きをふむのか、聞いてみたところ、思っていたよりも感じの良い若い方で、こちらの質問にきちんと誠実に答えてくださったので、売ることを検討する気持ちになりました。

友人だった不動産業者は私たちが困っているのを親身になってくれていなかったのです。私たちのことよりも、不動産業者としての自分の都合を前面に出してこられたので、どうにも彼女に頼む気持ちになれなかったのですが、この仲介業者の方は、また立場も違うのでしょうが、こちらの状況を考えたうえで対応をしてくださったので、スムーズに売却することができました。

購入価格と同じ程度の金額で売れました

やっぱり、お願いした人は誠実さが決め手となったと思います。
築9年くらいで、周りにはどんどん新しいマンションが建っていて、駐車場も100%ではない、共有部分も特に充実はしていない物件でしたが、駅徒歩1分で充分な広さがあったことがメリットだったようです。

購入価格とほぼ同じ額で売れました。手続きなどは仲介業者の方とメールと電話でやりとりし、近くに住んでいた身内に代理を務めてもらって、何も問題なく売却できたことは本当にあの時偶然出会った仲介業者の方の熱意と誠意を信じた私たちが間違っていなかったのだなと思えた出来事です。

(体験談は以上です)

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

関連記事