34414280_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は賃貸住宅が手狭になり一戸建てを購入されたかたの体験談です。

どうせお金を払うなら賃貸よりも持ち家

私は38歳の女性で州地方にて医療関係に従事しております。
結婚して数年が経過し、住んでいた賃貸住宅が手狭となりました。周りに相談したのですが、仲の良かった先輩が「家賃なんて馬鹿馬鹿しいよ」とアドバイスをくれました。夫とも話し合った結果、どうせお金を払うなら、先輩の言うことも尤もだし
持ち家にしようということで、持ち家の購入を決断しました。

最初はマンションと一軒家で迷いましたが、私がどうしても犬を飼いたかったので
一軒家を探す方向で動きました。最終的には注文住宅を契約しました。

色々な土地を見て回りました

場所は夫と私、お互いの職場の中間地点で土地を探しました。全部で3箇所ほど廻ったのですが、1件目は観光地として有名な場所だったため、いわゆる坪単価が他の物件に比べて高く、断念しました。

2件目は、のどかな雰囲気で非常にポイントが高かったのですが、周りを畑に囲まれており肥料の独特な臭いが鼻をつき、断念にいたりました。

3件目は、一般的な新興住宅地で、可もなく不可もなく、といった印象でした。
最終的に消去法で、この物件に決定しました。

不動産屋は当時よく行っていた焼肉屋さんの隣にあった不動産屋さんでした。
テレビCMでも、その会社の名前をたびたび耳にしていたので、大丈夫だろうと判断し、お願いをしました。

機能性を重視しました

間取り的に、広さは必要なかったので、とにかく機能性を重視しました。食器洗浄機、浴室乾燥機、ウォークインクローゼットを設置しました。あと、犬を放せるくらいの庭を確保するために、何度も不動産屋さんと打ち合わせを行ないました。

地鎮祭や棟上げといった儀式的なもの、ご近所への挨拶などの対応が分からないことも多く、苦労しました。

念願のマイホームはモチベーションが続くのも最初の数年で、今となっては良くも悪くも惰性で動いている部分が大きいです。幸い、犬も飼うことができ、私の夢は叶いました。

住宅ローンを数年ごとに見なおしているのですが、私達が定年する前には払い終える計算になっているので、このままのペースを維持していけたら良いなと考えています。

家を建ててから、もうすぐ10年を超えますが、食器洗浄機も浴室乾燥機もバリバリ動いています。ウォークインクローゼットは、物置になりましたが(笑)

(体験談は以上です)


関連記事