自営業の夫と戸建てを購入
こんにちは管理人のサトウです。今回は自営業の方が夫婦で連帯債務の住宅ローンを組んで中古住宅を購入したという体験談です。

自営業ですが夫との連帯債務で戸建てを購入できました!

私は34歳女性会社員で長野県在住です。3年前まで埼玉県に住んでおり、18歳で一人暮らしを始めてからずっとアパート暮らしでした。

戸建て中心に物件を探し始めた私

生まれが長野県で、主人も長野出身だったので、地元に帰ろうという話になりました。ちょうど妊娠が分かった時期でもあったので、地元へ戻ってきました。
埼玉から引っ越してきた当初はまだアパートに住んでいましたが、子どもが生まれてから生活音や子どもの泣き声など、近隣への影響も考えるようになりました。また、自分たちだけの家を持つことはずっと憧れでもあったので、その頃から中古の一戸建てと分譲マンションの両方を購入目的で探し始めました。しかし、マンションではアパートとあまり変わらない気もして、戸建をメインに探すことにしました。

閑静な住宅街に気に入った家を見つけました

子どもが8ヶ月くらいの時に、小さ目ですが住環境のとてもいい物件が出てきました。最初にネットで見たときから主人がとても気に入っており、内見もさせてもらいました。その物件は、閑静な住宅街で裏には私有林がある、自然豊かな場所に建っていました。部屋数が2部屋で2階がリビングの家です。

私としてはもっと部屋数の多い家が良かったのですが、これを逃すと次にいつ良い物件が出てくるか分からなかったので、購入を前提で話を進めていきました。購入金額は1,080万円でした。築年数は購入時ぎりぎり20年未満だったので、住宅ローン控除の対象にもなりました。

夫婦の連帯債務でローンを組むことに

管理している不動産業者さんの紹介で、住宅ローンは八十二銀行さんで組むこととなりました。長野県内の地銀では一番堅いと有名です。しかし、主人は自営業で、単独でローンを組むことが難しかったため、産休明けで仕事を始めていた私の名義で連帯債務という形で組むこととなりました。不動産の担当者さんの顔が銀行にも効いており、スムーズに話が進みました。1,000万円を10年で、金利は1.5%でローンを組みました。仲介料は約20万円、頭金は80万円でした。現在も、月8~9万円の返済をしながらその物件に住んでいます。

最初の印象通り、閑静でとても住みやすい物件で、買ってよかったと思っています。不動産会社の方も銀行の方も親切だったため、あまり苦労することなくローンを組むことができて、幸運だったと思います。中古住宅の場合、古すぎるとローンが組めない場合があるということを今回の購入で知りました。これは不動産会社の担当者さんに教わったのですが、今の住宅を住み替える場合にまた役立つことだと思うので、忘れないようにしようと思います。また、人気のエリアでは、ちょっといいなと思った物件はすぐに売れてしまうので、気になる物件があったらすぐに内見に行ったり不動産屋に話を聞きに行くなどアクションを起こした方がよいと思います。

(体験談は以上です)


関連記事