19117226_l
こんにちは管理人のサトウです。今回は仙台にある土地を売却されたかたの体験談です。

母が住んでいた土地を更地にして売却することに

私は埼玉県在住の65歳男性です。
5年ほど前、生まれ故郷の仙台に一人暮らしをする母を引き取ることになり、母が住んでいた一戸建ての土地を売却する事に決めました。しかし、不動産売却の経験がないためいろいろと情報を集め、何から手をつけるか検討し始めました。家屋は一戸建てで40坪のほどのもので、かなり痛みもひどく価格はつかないと思いましたが、何か方法があれば提案してもらう事にしようとなりました。そのため、家を取り壊して更地にして土地としての販売をすることもありとする方針に決めました。母は家に愛着がありましたが、売れなければ仕方ないという事で納得しました。

不動産業者の選定

詳細を詰めるには専門の不動産業者と打ち合わせしないといけないので、仙台にある不動産業者の大手と思われるところをリストアップしました。各社のホームページ等もみて、わかりやすい印象の会社を6社にまで絞り込みました。事前に見積もり依頼をするときにどんな内容にするか検討し、以下にまとめました。

仙台郊外の一戸建て物件の売却について

1)不動産会社としては買い取りか仲介とするか。
2)現在建っている築50年の家屋の処理をどうするか。
3)庭に立っている樹木、池等の処理をどうするか。
4)土地の売却価格の提示(その時点での最高予想価格と最低予想価格)

価格と営業担当者の人柄で決めた不動産業者。土地も無事に売却へ

各社への見積もり依頼日を決めて土日の2日間、埼玉から仙台に行き3社ずつ見積もり条件書を渡し、提案できる内容があれば合わせて提案してもらうよう依頼しました。依頼書を渡して説明するのはスムーズに行きました。相手も専門家ですからポイントの抑えた質疑で話が進みました。いろいろなタイプの営業の方の話を聞いたのですが、決して焦らず落ち着いて、的確にこちらの質問に答えてくれる会社が2社ありました。家族と話し合って、まずその2社に絞り込み内容を検討しました。

まず、家は解体することが共通で、樹木や池の撤去も含めて約100万円と同じで、土地の売却費用が1,850万円と1,900万円であり、価格と営業の人柄から東急リバブルに決めました。新聞のチラシとホームページに広告を出してもらいましたが、すぐには決まりませんでした。1か月ごとに100万円ずつ値を下げて1,500万円まで下がったところで売り先が決まりました。
契約書を作成してもらい、家の近くにあった東急リバブルで売買契約を完了して無事売却が終わりました。信用できる不動産業者と担当者を選ぶことが、不動産売却のポイントのような気がします。

(体験談は以上です)

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

関連記事