積水ハウスで自宅を購入
こんにちは管理人のサトウです。今回は結婚を機に積水ハウスで自宅を購入された方の体験談です。

積水ハウスの抽選に外れた

私は男性でサービス業(配達関係)を高知県でしています。
結婚当時はアパート暮らしでした。私の両親の自宅とも近く不満はなかったのですが、子供が生まれ少しアパートが手狭になったのを期に購入を考え出しました。

最初はモデルハウスなども色々見に行ったのですが、いまいち気に入るものがなく迷っていました。そこのモデルハウスで一棟格安抽選していたのが積水ハウスで、それに申し込んで外れてしまいました。それから積水のセールス担当が頻繁に私を訪ねるようになり、最終的に積水の住宅にしました。

担当者が住宅ローンの段取りをつけてくれました

家自体は、天井の高さやバルコニー、押し入れ、納戸(ウォークスルー)、対面キッチンなど、色々注文も聞いてくれました。私的には、この家は気にいっています。
住宅ローンは、積水が取引筆頭銀行の四国銀行になりました。煩わしい事はすべて積水担当者が段取りを付けてくれて、私はハンコを押し、サインをしたらいいようになっていました、今思えば、他にも選択肢があったのかもしれないが、当時はバブル後期で何とかなると楽天的に考えてきた事も確かだったと思います。

ローンを均等払いに。親身に相談に乗ってくれた担当者に感謝

ただ、ローンを組む時に注意したのは支払い方法でした、会社のボーナスが一切当てにならなかったので、支払いはボーナス払いではなく、一律均等払いにしました。当時ゆとり払いみたいに、最初の何年間は払いが少なく、その後の払いが多くなる様になっていたと思います。

積水担当者から、家を建てた時は色々雑費とでも言うのでしょうか、テレビも新しくなったりタンスも新しくなったりすると聞き、支払い方法をそのように決めました。担保物件に家・土地が入るので、抵当権が第一とか、かえって第一抵当権出ないと融資ができないとか、分からない言葉に戸惑った事も事実です。その度に担当者様には色々迷惑をかけたのも事実です。しかし、いやな顔一つせず親身に担当して頂き感謝したことは、今も強く心に残っています。本当に良い担当者に恵まれたと思います。

これからマイホームを考えている方に私がアドバイスできる事は、マイホーム購入は一生に一度の大事業です、金額も高く、生半可なことではありません。そんな時私みたいに信頼できる担当者に会えるかどうかです。人と人とのつながりがこれからの人生に大きく影響いしてきます、モデルハウスに行って家を見るのは当然ですが、セールスしてくれる人を見るのも大切だと思います。

(体験談は以上です)


関連記事