第四銀行で住宅ローン
こんにちは管理人のサトウです。

今回は第四銀行で住宅ローンを組んで自宅を建築された方の体験談です。

消費税切り替え前がマイホーム購入の決め手に

33才。女性。専業主婦。新潟県在住です。

結婚して一年ほどたち、そろそろ子どもを作ることを計画していました。

当時すんでいたアパートで子育てするよりは、きちんとした戸建ての家の方が良いと、主人とわたし共に考えていましたし、消費税が5パーセントから8パーセントに上がる切り替えの時期が迫っていたので、その前にマイホームを購入しようと決めました。

ウレタンパネルで施工するFPの家を建ててくれる地元の工務店で、二階建ての4LDKの家を建てました。

FPの家を建てたのは、モデルハウスや実際に住んでいる方の家を数件見学させてもらい、住民の方の感想を伺って、エアコン2台で家の中を快適な室温に保てる光熱費の節約できる家だと納得したからです。

雪国を考慮し工務店を選び、第四銀行でローンを組む

実際住んでみて、冬場の光熱費は雪国なので、やはりそれなりにかかってしまうので、思っていたほどの節約にはなっていない気もします。

しかし、冬でも裸足で生活できるのは本当でした。

また、予算的にも自由設計の間取りの家を建てられる価格帯であったことも決め手になりました。

デザインは大手ハウスメーカーの方がやはり優れていましたが、間取りの自由度、高気密高断熱の性能は選択した工務店の方が上でした。

固定10年、繰上げ返済で頑張る日々

第四銀行で住宅ローンを組みました。

主人の会社の給料振り込みの銀行がこの第四銀行一つに決められていたので、この他の選択肢はありませんでした。

銀行の選択は他に選びようがなかったので、他行の利率と比べて少しでも安くなるように、工務店の社長さんが銀行のローン担当者と交渉してくれました。

毎月の支払い額があまり大きな負担にならないように35年ローンを組みました。

ただ、主人の定年までにはローンを払い終わりたいので、繰り上げ返済をするつもりでした。

なので、繰り上げ返済に手数料がかからないことを確認しておきました。

期間は固定10年で、その後は変動金利になります。

10年たった後には、その時に他行に借り換えすることになるか(主人の会社の給料振り込み銀行が去年変更になりました)、その率と同程度の金額になるように交渉して第四銀行で借り直しする交渉術があるそうなので、そのどちらかを利用する予定です。

どちらにしても、金利の安いこの10年のうちになるべく繰り上げ返済するよう頑張っています。

とにかく大きな買い物になるので、業者の話だけではなく、実際に住んでいる方の家をなるべく見学させてもらい、話を聞いてから決断するべきだと思いました。

うちの場合ですが、業者の話と住民の方の話が違っている例がありましたし、後悔のないようにじっくり情報を集めて吟味することが大切ですね。

(体験談は以上です)


いくら借りられるのか、実際の金利はどうなるのかを調べたい場合



住宅ローンを借りるには、仮審査という銀行のチェックが必要です。しかし、銀行によって審査基準は違うため、希望の金額が借りられないこともあります。さらに、金利の高い銀行でローンを組んでしまった場合は、数百万円の損をしてしまいます

そこで、一度に複数の金融機関に審査を申し込むことができる一括審査サービスがあります。自分の希望の金額が借りられるのか金利はどのくらいになるのか、などを知りたい場合にも利用することが可能です。

便利な一括審査サービスはこちら

関連記事