こんにちは、管理人のサトウです。

今回は駅前の小さな土地を購入して狭小住宅を建築された方の体験談です。

駅前の小さな土地を購入して狭小住宅を建築

埼玉県に住む34歳(女性)専業主婦です。現在4歳と2歳になる子供がいます。

2人目の妊娠が分かり、その時に住んでいたアパートが手狭になるため引越しを検討しました。

子供が2人となり上の子が幼稚園の入園を控えていたので、今後、幼稚園や小・中学校と就学した際に途中で転園、転校させる事の無いようマイホームの購入を決意。元手が少なかった為、中古物件も視野に入れて探し始めます。

妊娠中のため、インターネットの情報取集を活用する

当時住んでいたアパートが主人の職場からも、お互いの実家からもちょうど良い距離だったので利用していた最寄り駅を中心に物件を探す事にしました。

エリアを絞り込みインターネットで調べ始めます。

未就園時を抱え妊娠中でしたので、あちこち不動産店を回らずにインターネットで情報を得られるのは助かりました。

いくつか気になった物件を見つけ、扱っている地元の不動産店を2件ほど訪問。

しかしハードルとなったのが価格でした。

電車通勤の主人が駅まで徒歩15分圏内を条件としたので、物件価格がやや割高に。

価格を抑えたいという私と、駅までの距離は譲れないという主人の主張で、なかなかピッタリくる物件は見つかりませんでした。

物件への要望が多さから、注文住宅の選択を勧められる

そんな中インターネットで見つけた物件が気になり、3件目となる不動産店を訪問。

応対して下さった店長の方に条件を並べます。

しかし大きな買い物ゆえ、価格、駅までの距離の他にも、駐車場付きが良い、家事動線の良い間取りが良い、などなど希望が盛りだくさん。

そこで店長の提案「なら建ててしまったらどうですか?」と。

大手ハウスメーカーが手をつけないような狭い土地を探して3階建て狭小住宅を建てたらどうかと提案して下さったのです。

土地代を抑えられ、延べ面積も少ないので低価格で望み通りの住宅を建てられるとの事。

目からウロコでした。価格を抑えたいので注文住宅なんて手が出ないと思い込んでいました。

広い家に住みたいならこの案は却下となりますが、夫婦とも家の広さに対するこだわりはありません。

そして数日後、店長が探してきた土地が私達の条件通りの場所にありました。

駅から徒歩13分、角地、日当り良し、スーパーが目の前、幼稚園や学校、市役所、病院も徒歩圏内。

しかし15坪。

空き地のまま売手に困っていた土地だそうです。

狭すぎて家を建てるのはおろか駐車場にも出来ずにいたとの事。

その土地を即決で購入し、店長に紹介して頂いた狭小住宅を扱うハウスメーカーと契約して家を建てる事になりました。

臨月頃にマイホームの仕様が決定、狭小住宅ながらも設備を豪華にし、住み心地のよい空間に

妊娠中、大きくなるお腹を抱えながらもコーディネーターの方と綿密に打ち合わせを重ね臨月頃にはマイホームの仕様が無事に決定。

出産後に着工、上の子の幼稚園の入園願書を出す前には家が完成し引越しまで行う事が出来ました。

家の広さに限りがあったので間取りは決めやすかったですが、意外と外壁に悩みました。家の顔となりますからね。

完成した家ですが、1階には駐車場と和室とトイレ、2階にはダイニングキッチン(狭いですがリビングコーナーも)とベランダと風呂とトイレ、3階に洋室2部屋を確保。

居間と風呂とベランダを同じ階層に出来たので、洗濯はもちろん、子供達をお風呂に入れるのもスムーズに動けます。

狭さを有効利用して廊下を作らずリビング階段にした為、家族の気配が感じ取れやすく安心感があります。

また、住宅を低価格に抑えられたので設備は少し豪華にしました。

浴室乾燥機や床暖房をオプションで追加できてラッキーでした。

少しだけ難を言うなら、ハウスメーカーの連絡が雑だった所

こちらから問い合わせないとなかなか連絡がこなかったり、打ち合わせで決めた箇所を図面に反映していなかったり。

大きな買い物ですので受け身にならず何か気になったときは連絡を怠らず、小さな事もきちんと記録に残しておく事が大切だなと感じました。

現在は入居してもうすぐ丸2年になりますが、住居には不具合も不便さもなく快適に過ごしています。

広々とはいきませんでしたが、妥協できない部分は全てクリアできたので大満足です。

(体験談は以上です)


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事