住宅金融公庫のゆとりローンを借換え
こんにちは管理人のサトウです。

今回は住宅金融公庫の住宅ローン(ゆとりローン)金利が、11年目で跳ね上がってしまうために借り換えを行った方の体験談です。

さっそく見ていきましょう。

住宅金融公庫でゆとりローンを契約していた我が家

現在神奈川県に住む45歳の専業主婦です。今から数年前に、住宅ローンの借り換えを経験しました。

そのきっかけは、購入10年を迎える我が家の住宅ローン金利が、急激に上昇してしまうことでした。

契約から11年目になると、このローン金利がはね上がる仕組みになっていたのです。

そのため、購入から10年目あたりで、借り換えを検討したいと思っていたため、その時が来たといった感じでした。

休日には、主人と一緒に近所の金融機関をはしごする日々。こうして色々な銀行でシュミレーションをした結果、「東京三菱UFJ銀行」に決定しました。

この東京三菱UFJ銀行に決めた一番の理由は、やはり金利の低さです。借入金額が大きい分、0.1%違っても千円単位で返済金額が変わりますから・・。

もう1つ決め手になったのは、担当者の方の対応の良さです。相談して相性が合わない銀行では、長い間安心してお付き合いすることに不安を持つことになってしまうからです。

東京三菱UFJ銀行に決定後、どの種類のローンを契約するかを考える

悩んだのは固定金利にするか変動金利にするかです。

変動金利の方が利息は低く設定されていますが、金利が急上昇するということもあり得ます。

現在は固定金利と変動金利を組み合わせることができる、ミックス借入という種類があるようなのですが、当時はこのようなタイプは知りませんでした。

借り換えでは融資手数料や司法書士報酬などの諸費用がプラスされますので、実際の借り入れ金額より、50万円前後の金額は上乗せされます。

銀行には実際に借り換えする時の諸費用を加えて、両タイプのシュミレーションを依頼しました。

景気はしばらく上がらないだろうと予想したことと、店頭表示からの優遇金利で0.875%という金利の低さに魅力を感じたことから「変動金利」を選択しました。

私の契約している住宅ローンは、ローンの種類を変更しても完済までの期間は常に店頭表示金利より年1.6%前後の優遇があります。

諸費用が50万円もかかりました

その後、実際の借り換えが実行されるまでに提出しなくてはいけない書類は沢山ありました。

不動産売買契約書や部屋の間取りなどの提出書類は、自宅にあるものをコピーすれば大丈夫ですが、法務局に取りに行かなくてはいけない書類もあったり、現在ローンを組んでいる銀行に、一回は足を運ばないといけなかったりといった手間がありました。

借り換え諸費用の50万円を用意するのが大変でしたが、月々のローンに上乗せすると返済額も上がってしまうため一括で支払いすることにしました。

(体験談は以上です)


関連記事