【住宅ローン体験談】マイホームはハウスメーカーのS×L(エスバイエル)・住宅ローンは静岡銀行
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、マイホームを購入して住宅ローンを組まれた方の体験談です。長期にわたってローンを組まれる方が多いので、自分の状況と合った金利を選ぶといいですね。

ハウスメーカーのS×L(エスバイエル)でマイホームを建てました

私は静岡県に住む40歳の会社員です。
ごくごく普通のサラリーマンで妻と2人の息子と暮らしています。
清水の舞台から飛び降りるつもりで結婚と同時にマイホームを購入しました。もちろん、35年ローン。今日はそんな住宅ローンについてお話ししようと思います。
少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

私が結婚を決めたのは今から9年程前、31歳の時でした。
結婚と同時にスウィートホームを持つことが、私と奥様の夢でしたので、結婚が決まった段階からデートコースがハウスメーカー巡りとなりました。

マイホームのこだわりは、私よりも奥様の方にあり『マイホームはハウスメーカーにお願いしたい』『注目住宅にしこだわりを詰め込みたい』という強い願いを実現すべく半年かけて様々なモデルハウスにお邪魔しました。

そして最終的にハウスメーカーのS×L(エスバイエル)さんでお願いすることになりました。

現在はヤマダ電機さんと協力されておりご存知の方も多いと思いますが、関西では比較的有名な会社です。
そんなハウスメーカーさんの技術と奥様の願望を詰め込み、最終的には上物だけで2500万円程度の家を建てることに決定したのです。

住宅ローンは静岡銀行

あまりに金額が大きかった為、まるで実感が湧きませんでした。
もちろん、そんな大金を持っている訳もなく、手付け金の200万を支払い、後は35年もの長期ローンということになった訳です。

ローンは静岡県中心に展開されている静岡銀行さんを選びました。
S×Lさんと提携していたこともあり、勧められるがままに契約、2300万を半分に分け、変動と固定の2パターンにしました。

現在もそうですが、一会社員の私にとって、景気の変動など先行きが不透明な時代が続くことが予想されます。
出来る限り月の支払いを減らすことも大切ですが、それよりもリスクを減らすことを意識し選択しました。
世間の景気と比例して金利が変わる変動と、借り入れ時の状況で金利が決定する固定。

この選択はみなさん迷われると思います。
ですが、ここで1つ住宅ローンを考えている方にアドバイスがあります。それは、住宅ローンは借り換えが可能であるということです。
決して決められたスパンで同額払い続ける必要はないのです。

自分の状況に合った金利を選ぶといいです

ローンを返済し始めた9年前、月々の支払いは8万2千円程度でした。
何の疑いもなく、支払うものとして日々引き落とされていました。
しかしある時、別の銀行員が住宅ローンの借り換えを提案してくれたことをきっかけに現在は7万弱まで月の支払いが減ったのです。
しかも借り先は同じ静岡銀行、変動の金利が下がった影響があるにせよ、かなり大きい差額です。

銀行の金利は本当に利幅をみていると思います。
『他の銀行がこれだけの金利で借り直してみないかとの提案をしてきたが、どうしよう?』これだけ伝えるだけで金利が下がる提案をしてくれることもあります。

ですから皆さんも様々な銀行と比較し、相談していく事で月の支払いを大きく減らすことも出来ると思います。
あまりに金額が大きくなる住宅ローン、金銭感覚が麻痺し易いので、言われた通りにしてしまいがちですが、少し我に帰る努力で良い方向に進むはずです。実際、私もそうでした。

これから借りる人も借りている最中の人も当たり前に払うローンを見直すといい事があるかもしれません。

(体験談は以上です)


関連記事