【リフォーム体験談】築35年の一戸建てを何度もリフォームしました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、築35年の一戸建てを何度もリフォームされた方の体験談です。リフォームは、予算内で自分の希望をしっかりと伝えることで納得のいくリフォームができるようですね。

今までに何度もリフォームしてきました

奈良県奈良市在住の39歳の女性で会社員です。
リフォームしたのは、実家の一戸建てです。築35年になります。間取りは4LDKです。
今までも何度もリフォームをしてきました。今回のリフォームは、同居するために住みやすいように改装を行いました。

最初のリフォームは、築20年くらいのころです。トイレや洗面所、キッチンなどの生活していく中で汚くなってきた水回りを行いました。
次は、部屋を増やしました。3LDKを4LDKにしました。
廊下の先をぶち抜いて、少し離れた1部屋を造りました。
客間としての広い空間です。収納もたくさん増えました。

次は、屋根の修理や外壁の塗装でした。台風によって大きな被害にあって、保険金をもらったので思い切って行いました。
バスルームもリフォームしました。タイルの床や壁で、冬が寒く掃除も大変だったからです。
両親が高齢になってきたので、ユニットバスにリフォームしました。今までと違って暖かく、快適なバスルームになりました。

今回のリフォームは、同居という形ですが、2階の部屋が古くなってきたので、畳を変えたり、和室を洋間に変えたり、フローリングを張り替えたりしました。壁紙も張り替えて、雰囲気を一新しました。

リフォーム業者は信頼のおける会社に依頼

リフォームの業者は、いつも同じところにお願いしています。以前、隣の家に住んでいた方で、仲良くしてもらっていました。
近所の家は、この業者に頼む人が多く、我が家も迷わずお願いしています。特に割引があるわけではありません。工事はしっかりしてくれて、特に不具合はありません。話すやすい人であることも、ここにお願いしている理由です。いろいろやってほしいところを言って、きれいにしてもらいました。

希望をしっかり伝えることで納得のいくリフォームができます

リフォームの工事中は、業者に任せっきりにしないで、わからないところや気になるところはどんどん聞いていく方がいいです。
そのままにしておくと、希望通りにならないことがあります。友人は、外壁の色を変な色にされたと怒っていました。業者の人はきれいな色だと言いますが、赤いさびの色に似ています。
希望をしっかり伝えることで、納得のいくリフォームができます。私たちは、しっかりと希望を伝えたので、納得のいくリフォームができました。

リフォームには、お金がかかります。最初の予算通りには出来ません。途中で色々注文を増やしていくので、いつも予算をかなりオーバーしてしまいます。金額を守るのか、希望どうりにしてもらうのかは、最初に使えておくべきだと思います。
お互いに気持ちよくリフォームを進めることができるからです。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事