不動産買取流れ1
こんにちは、管理人のサトウです。

このページでは、戸建て、マンションなどの不動産の売却方法の一つである買取り方法の流れについてまとめてあります。

買取には「保証付き買取」と「即時買取」の2つの方法があり、大きな違いは、現金入手までの速さです。それぞれの流れを確認し、売却方法を選択する際の判断材料にしてみて下さい。

買取方法の種類

中古の戸建て、マンション、土地などの不動産を売却する方法の一つである「買取」には、次の2種類の方法があります。

 

≪買取の種類≫

  1. 保証付き買取
  2. 即時買取

 

それぞれの詳細について説明します。

保証付き買取

保証付き買取」は、「仲介」方法と同じように、一定期間の売却活動を行い、購入希望者を募ります。

しかしながら、定めた売却期間中に購入希望者が見つけることが出来なかった場合、不動産業者との間で事前に取り決めた金額にて、不動産業者に買い取ってもらうという方法です。

売却期間に少し余裕のある方、少しでも高く売りたい方に適している方法です。

即時買取

即時買取」は、販売活動をすることなく、不動産業者と価格交渉を行い、売買金額が折りあった時点で、不動産業者に買い取りしてもらう方法です。

中古車買取専門店に中古車を買い取ってもらう、リサイクルショップなどに不用品を買い取ってもらうのと同じ感覚ですね。

早急に売却する必要がある方におすすめの方法です。

 

買取のメリット・デメリットなどの詳細内容については、下記の記事を参考にしてみて下さい。
不動産買取のメリット・デメリット、買取に向いている物件はコレだ!

買取の流れ

不動産買取流れ2

前述した「保証付き買取」と「即時買取」は、不動産業者に買い取ってもらうことに違いはありませんが、大きく違うのは、現金入手までの時間です。

それでは、それぞれの流れについて見ていきましょう。

保証付き買取の流れ

「保証付き買取」は、「仲介」方法と同じように、一定期間の売却活動を行い、購入希望者を募りますので、流れとしては、仲介とほぼ一緒です。

違いは、不動産業者に「買い取ってもらう金額」、「販売期間」、「物件引き渡し条件」などの諸条件を盛り込んだ契約を結ぶということだけです。

 

  1. 売却物件の相場を知るための査定依頼
  2. 査定額の比較検討
  3. 希望業者と契約
  4. ※買取金額、販売期間、物件引き渡し条件に合意した内容で契約

  5. 販売価格を決定
  6. 不動産売却活動の開始
  7. 購入希望者の内見対応
  8. 購入希望者と交渉
  9. ―― 期間中に売却不成立 ――

  10. 不動産業者と売買契約を結ぶ
  11. 物件の引き渡し

 

このように、販売期間を設けていますので、「即時買取」と違い、現金入手までに時間がかかります。

 

各項目の詳しい内容については、下記の記事を参考にしてみて下さい。
【基礎知識】家やマンション、土地等の不動産を売るときの手順と方法まとめ

即時買取の流れ

「即時買取」は、販売活動がないので、「保証付き買取」と違って、販売活動、内見などの流れが省略されます。

 

  1. 売却物件の相場を知るための査定依頼
  2. 査定額の比較、不動産業者選定
  3. 不動産業者と価格交渉
  4. 不動産業者と売買契約を結ぶ
  5. 物件の引き渡し

 

販売期間がありませんので、不動産業者と価格の折り合いがつけば、早くて2週間、遅くても1か月程度で、現金を入手することが可能となります。

まとめ

戸建やマンションなどの不動産の買取方法の種類と流れについて紹介しました。
いかがでしたか。

買取方法は、マイホームを売るのに、手間暇かけずに、早めに現金化したい場合におすすめの売却方法で、早急にという場合には「即時買取」を検討してみて下さい。

いずれにしても買取方法の最大のデメリットは、価格が相場の7~8割程度になってしまうことですので、時間を優先するか金額を優先するか、状況に応じて判断するようにしましょう。

最後に、信頼できる不動産業者を探し、なるべく高く売却するための方法を紹介しておきます。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事