持ち家売る貸す費用
こんにちは、管理人のサトウです。

このページでは、戸建やマンションなどの持ち家を売却する場合と賃貸する場合に発生する費用項目についてまとめてあります。

売却と賃貸にて発生する費用項目の比較

転勤、転職など仕事の都合、結婚、離婚、出産など家族の増減、そして収入の変化などの様々な理由によって、戸建てやマンションなどの持ち家を処分する必要が出てきた場合、売却したほうがいいのか、賃貸したほうがいいのかを検討すると思います。

売る場合と貸す場合では、発生する費用項目が異なります。売る場合については、仲介を利用するのか買取を利用するのかでも違いがあります。

それぞれの場合において、発生する費用項目についてまとめましたので、確認してみて下さい。

仲介を利用して売却する場合

持ち家を売る一般的な方法は、不動産業者に「仲介」を依頼し、購入希望者を見つけてもらい、売却することです。仲介を利用して売却した場合、不動産業者に報酬として「仲介手数料」を支払う必要があります。

仲介手数料は、法律によって上限が定められていて、以下の計算式で求められます。

 

仲介手数料(上限) = 売却価格 × 3% + 6万円 + 消費税

 

この仲介手数料、意外と高いです。例えば、3,000万円で売却した場合、仲介手数料は、103万6,800円(消費税:8%込)となります。

さらに、物件の状況によっては、測量費用や解体費用が発生する場合もありますし、持ち家を売ることにより譲渡益が出た場合には、所得税や住民税を納める必要があります。

仲介を利用して売却する場合
得られる収入
  • 売却代金
かかる支出
  • 仲介手数料(上限:売却代金の3%+6万円)
  • 収入印紙
  • 抵当権抹消登記費用
  • 所得税と住民税(※譲渡益がある場合)
  • 住宅ローン返済と繰上返済手数料(※住宅ローンが残っている場合)
  • 測量費用
  • 建物解体費用

 

仲介を利用して売却する場合の費用については、別記事にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

【基礎知識】戸建住宅やマンション・土地などの不動産売却時にかかる費用まとめ

買取を利用して売却する場合

持ち家を売るもう一つの方法として、不動産業者に直接買い取ってもらうという方法があります。「買取」を利用する場合の注意点としては、売却価格が相場よりも数割程度安くなってしまうということです。

買取の場合、不動産業者は「現状」の状態にて、物件を購入することがほとんどで、再販するために費用をかけてハウスクリーニングやリフォームなどを行います。また売れない場合の維持費なども考慮すると、相場よりも安く購入しないと利益が出ません。

そのため、不動産業者の判断、物件の状況によっても異なりますが、売却価格は、相場の7~8割程度となることが一般的です。

例えば、相場が3,000万円の物件の場合、不動産業者が買い取ってくれる金額としては、2,100~2,400万円程度になります。

ただし、買取の場合、仲介手数料は不要です。

買取を使用して売却する場合
得られる収入
  • 売却代金(相場の70~80%)
かかる支出
  • 収入印紙
  • 抵当権抹消登記費用
  • 所得税と住民税(※譲渡益がある場合)
  • 住宅ローン返済と繰上返済手数料(※住宅ローンが残っている場合)

 

買取を利用して売却する場合のメリット・デメリットについては、別記事にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

不動産買取のメリット・デメリット、買取に向いている物件はコレだ!

賃貸する場合

賃貸する場合のポイントは、賃料によって不労所得が得られるのではないかという点ですよね。毎月賃料が入り、安定した収入が得られるというのは、とても魅力的です。

住宅ローンが残っている場合には、家賃収入を返済に充てることが可能となりますし、住宅ローンがなければ家賃がそのまま収入となります。

しかし、オーナーはあくまでも所有者となりますので、固定資産税などの税金を毎年納める必要があります。借り手がなく空室であったとしても税金を納めなければなりませんので、その分所有者の負担は大きくなります。

また、清潔感のない物件では借り手がなかなか見つけることは出来ませんので、現実問題として、入退去時には、修繕やクリーニングをする必要があります。この費用も所有者が支払うことになります。

賃貸する場合
得られる収入
  • 賃料
  • 敷金、礼金
  • 更新料
かかる支出
  • 賃貸前の修繕、クリーニング費用
  • 管理委託費(賃料の5~10%程度) ※委託する場合
  • 管理費や修繕積立金(※マンションの場合)
  • 固定資産税、都市計画税
  • 設備不具合などの修理費
  • 退去時の修繕費
  • 住宅ローン返済(※住宅ローンが残っている場合)

 

売却するか賃貸にするかついては、別記事にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

戸建やマンションなどの住宅、売却か賃貸か選択する際の判断材料はコレ!

戸建やマンションなどの持ち家、売るのと貸すのとではどちらが有益?

まとめ

戸建やマンションなどの持ち家を売却する場合と賃貸する場合に発生する費用項目について紹介しました。
如何でしたか。

売却する場合には、意外に多くの費用が発生し、賃貸する場合には、空室期間中も費用が発生することを理解して頂けたと思います。

売却するか賃貸するかは誰もが迷うところですので、事前に必要な費用についてしっかりと確認し、比較検討しておくことをおすすめします。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事