沖縄県の住宅ローン

こんにちは。管理人のサトウです。

このページは、沖縄県で住宅ローンを借りることが出来る金融機関の情報をまとめた比較一覧です。

銀行から信用金庫(信金)、JAバンク(農協)、労働金庫(ろうきん)まで、住宅ローンが借りられる主な金融機関をほとんどすべて掲載しています。

住宅ローンは同じ金額を借りても、金融機関によって支払総額が数百万円も違ってきます。

なるべく安く借りるための方法もページの最後に記載していますので、参考にしてみてください。

総支払額が安い住宅ローン 

まずは、低金利各種手数料が無料、様々な保証も無料で充実している住宅ローンの一覧です。トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

    公式ホームページはこちら



総支払額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

上記住宅ローンは、金利を安く、無料での保証を充実させているため、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたときに借りられないこともありますので、仮審査は早めに行っておきましょう。

総支払額が安い住宅ローンはこちら

住宅ローンが借りられる全国対応の銀行(メガバンク)

住宅ローンが借りられる全国対応の銀行(メガバンク)

みずほ銀行

>>みずほ銀行の公式ページ

みずほ銀行は、三大メガバンクの一つで日本全国を営業地域としています。
住宅ローンは、全期間重視プランと全期間固定プランがあります。特徴的なサービスに返済額増減サービスというものがあり、家計のお宗旨に合わせて住宅ローンの返済額を増減することができます。
病気やケガでも安心のローン付帯保険が充実しており、8大疾病補償、3大疾病保障などがあります。みずほ銀行に口座がなくても審査申し込みすることができます。一部繰り上げ返済手数料が無料です。

三菱東京UFJ銀行

>>三菱東京UFJ銀行の公式ページ

三菱東京UFJ銀行は、千代田区丸の内に本店を置く都市銀行で日本全国で営業活動を行っています。
住宅ローンはインターネットで行えるかんたん事前審査(無料)があります。期間限定ですが、固定3年特別金利住宅ローンを取り扱っており、他行と比較して最安の住宅ローン金利となっています。

三井住友銀行

>>三井住友銀行の公式ページ

三井住友銀行は、三大メガバンクの一つで支店を全国に展開しています。
住宅ローンでは、借り入れプランの相談など返済内容のコンサルティングも行っています。金利プランは3タイプあり、最後まで引き下げプランと最初にぐぐっと引き下げるプラン、超長期固定金利型となっています。
8大疾病保証付き住宅ローンのほか、自然災害も保障される自然災害時返済一部免除特約付住宅ローンがあります。

ゆうちょ銀行

>>ゆうちょ銀行の公式ページ

ゆうちょ銀行は、千代田区霞が関に本社を置く銀行です。
郵貯銀行の住宅ローンは、スルガ銀行の住宅ローンを代理販売しています。スルガ銀行の金利はほかの金融機関に比べて高めですので、一般のサラリーマンが住宅ローンを借りるにはあまりお勧めできません。ただし、個人事業主に対する貸し出しは積極的に行っていますので、個人事業を行っている方は検討してみるのは良いかもしれません。

住宅ローンが借りられる沖縄県の地方銀行

住宅ローンが借りられる沖縄県の地方銀行

沖縄銀行

>>沖縄銀行の公式ページ

沖縄銀行(おきぎん)は、那覇市に本店を置く地方銀行です。那覇市を中心に、糸満市、豊見城市、南城市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、うるま市、名護市、宮古島市、石垣市、南風原町、与那原市、八重瀬町、西原町、嘉手納町、北谷町、中城村、北中城村、読谷村、金武町、本部町、恩納村で営業活動を行っています。
住宅ローンは、保障内容の充実した「ライフサポート・キング」(3大疾病、5つの重度疾病に罹患した場合、余命宣告を受けた場合にローン残高がゼロ。病気やケガで入院した場合に入院給付金を支給)という商品があります。その他にも、金利選択型ローン、オール電化住宅ローン(変動・固定基準金利から0.1%優遇)、セカンドハウスローン、親子二世代住宅ローン、女性専用住宅ローン、美ら島移住ローン(沖縄に移住用居住物件の購入、県外在住の方専用)、フラット35など多彩な住宅ローン商品を取り揃えています。審査の前提条件は、勤続3年以上、税込み年収150万円以上などとなっています。

沖縄海邦銀行

>>沖縄海邦銀行の公式ページ

沖縄海邦銀行は、那覇市に本店を置く第二地方銀行です。沖縄県全域で営業を行っています。
住宅ローンは、変動金利型住宅ローン、金利選択型住宅ローン(変動金利と固定金利を自由に選択可能)、無担保住宅ローン、リフォームローン、フラット35を取り揃えています。インターネットによる住宅ローンの仮審査を行っています。変動金利型住宅ローンは、金利が変動しても、5年間は支払額が固定となっています。また、住宅ローン団信(団体信用生命保険)、三大疾病保障付団信、8大疾病補償付き債務返済支援保険などの安心なプランも取り揃えています。

琉球銀行

>>琉球銀行の公式ページ

琉球銀行は、那覇市に本店を置く地方銀行です。沖縄県全域で営業活動を行っています。
住宅ローンは、金利選択型の他、預金連動型住宅ローン(預金の分だけローンの借り入れ利息が戻る)、リバースモーゲージ、引き受け条件緩和型団体信用生命保険(健康上の理由で団信に入れない人でも利用できる)、フラット35などを取り揃えています。3大疾病やガン保障特約なども取り扱っています。保証人は原則不要です。ローンセンターが充実しており、土日も相談やローンシミュレーション計算などが可能です。融資期間が最長50年まであるため、毎月の支払額を安く抑えることができます。

住宅ローンが借りられる沖縄県の信用金庫

住宅ローンが借りられる茨城県の信用金庫

コザ信用金庫

>>コザ信用金庫の公式ページ

コザ信用金庫(コザしん)は、沖縄市に本店を置く信用金庫です。沖縄市を中心に、名護市、嘉手納町、うるま市、北谷町、宜野湾市、浦添市、那覇市で営業を行っています。
住宅ローンは、固定金利型・変動金利型(最高1億円、最長50年)、コザしん無担保住宅ローン(最高1000万円、最長20年)、しんきんリフォームプランなどを取り扱っています。仮審査の条件は、借り入れ年齢が20歳以上、65歳以下、返済時年齢80歳未満のみとなっています。返済方法は、元利均等返済と元金均等返済から選択可能です。原則として土地・建物には抵当権が設定されます。保証人は原則不要ですが、親族の所得を合算する場合は、その親族を連帯保証人とする場合があるそうです。

住宅ローンが借りられる沖縄県のJAバンク(農協)&労働金庫(ろうきん)

住宅ローンが借りられる沖縄県のJAバンク(農協)&労働金庫(ろうきん)

JAおきなわ(農協)

>>JAおきなわ(農協)の公式ページ

JAおきなわは、沖縄県全土で営業を行う農業協同組合で、住宅ローンなどの商品も取り扱っています。
JAおきなわの住宅ローンは、0.2%の金利上乗せで、三大疾病保障または長期継続入院保障を追加可能です。また、0.3%の金利上乗せで、9大疾病補償を追加することもできます。長期入院保障と9大疾病保障をセットで加入する場合は0.5%の金利上乗せとなります。住宅ローンの利用基準は、JA組合員であること、年収が150万円以上あること、勤続年数3年以上、団体信用生命共済に加入できることなどが条件となっています。

沖縄県労働金庫(沖縄ろうきん)

>>沖縄県労働金庫(沖縄ろうきん)の公式ページ

沖縄県労働金庫は、那覇市に本店を置く労働金庫です。那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、名護市、宮古島市、石垣市、うるま市、与那原町に支店を展開して営業を行っています。
住宅ローンは、担保が必要な全期間固定金利型・固定金利選択型・変動金利型・上限金利付型の他、無担保住宅ローン(最高2000万円、最長25年)などを取り揃えています。
インターネット上で、仮審査申し込み、ローンシミュレーション計算、相談の予約なども行えます。金利引き下げキャンペーンを行っています。


なるべくお得に住宅ローンを借りたい方へ



住宅ローンは同じ金額を借りても、金融機関によって支払総額が数百万円も違ってきます。

なるべく安く借りるためには複数の金融機関を比較する必要がありますが、手間と時間がかかってしまいます。

そこで、実際の支払総額はいくらになるのか、希望の金額は借りられるのかを簡単に比較できる一括審査サービスが便利です。

便利な一括審査サービスはこちら

【住宅ローンのおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】