15150220_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は、お子さんのために中古住宅を購入した方の体験談です。安くて条件の良い中古住宅を購入するためのヒントがありますので、参考にしてみてください。

転勤族だけど子供たちのためにマイホームがほしい

当時、私は第二子妊娠中の36歳、夫は40歳でした。
転勤族で、第一子出産後からずっと私は専業主婦をしています。

転勤族なのに、マイホームを購入したのは、一言で言えば子供の為でした。

夫は営業職のため、定年まで全国転勤があります。

元々、上の子が中学入学のタイミングで、夫は単身赴任にしようというのが、私たち夫婦の考えでした。
その頃、たまたま夫の実家から車で30分程度の地域に赴任し、本気で物件探しをしようということになったのです。

この土地で数年過ごし、次の転勤は家族で行ったとしても、上の子が中学入学のタイミングで戻ってきたとき、知っている友達がいるというのは大きいと思ったのです。

夫の収入のみで無理の無い予算で購入できる家はなかなか無い

しかし、地価の高い場所で、将来的には働く予定ではあるものの、私は当時妊娠中で専業主婦です。夫の収入のみで無理の無い予算を組むと、新築一戸建てや、管理費と駐車場代が別途かかってしまう分譲マンションには手が出せませんでした。

しかし、駅から近い場所というのが私たち夫婦の譲れない絶対条件でした。そのため、中古戸建ての物件を探すことにしました。

最初は不動産業者をいくつか周り、最終的には、地域密着型で、最も物件数の多い業者と、全国規模で展開している大手の不動産業者の2社で探すことになりました。どちらの担当営業の方も、素人である私たちの質問にはしっかり答えてくれるというのが、決め手になりました。

低い予算で購入できる物件は、いくら中古でも数が殆どありません。とりあえず、条件に入る物は片っ端から内覧しました。

しかし、当然のことながら、なかなかこれという物件には出会えません。

待ちの態勢が大正解

そこで、私たちは待ちの体制に入ることにしました。どうしてもマイホームを購入しなければならないというわけではなかったためです。
今住んでいる地域はとにかく土地が高いので、上の子の中学入学のタイミングに合わせて、もう少し地価の安い場所で探すという選択肢もあったためです。

良い物件があればラッキー、そんな気持ちでした。そして、ある日、地域密着型の業者から「本日是非お勧めしたい物件の情報が入りました」と連絡がありました。

駅徒歩10分圏内、少し狭いながらも希望の4LDK、もちろん駐車場付き、ただし、築年数が19年というものでした。予算よりも200万円程オーバーもしていました。

即断即決できたのは一年間、いろいろな物件を見てきたからできたこと

連絡があった次の日に早速家族で内覧し、そして、その日のうちに「これは買いだ」と決断し、申し込みの手続きをしました。

中古物件は、稀にですが、かなりのお買い得物件というものが出現します。その理由を担当営業さんに聞いたところ、特に築年数が古い場合は、状態が良くても、土地値と殆ど変わらない値段を売り主に打診するそうです。

殆どの売り主は、そこに「建物代」として、数百万円上乗せを希望してくるのですが、私たちが出会った物件のように、「それでいいですよ」と二つ返事で価格を決める売り主もいるとのこと。

その場合、超お買い得物件として、市場に出てくるのです。そして、このような物件は、即座に買い手がつきます。私たちが即決したように。
マイホーム探し、特に中古物件の場合は、不動産業者との密な連絡と、信頼関係がなにより大切になります。

即決した中古物件ですが、それまでに様々な物件を内覧してきたため、間違いはありませんでした。約1年間、色々な物件を見てきたからこそ、即決できたのかもしれません。

築年数が古いため、外壁と屋根の塗装をしたり、給湯器を買い替えたりと、多少の出費はありますが、家族4人で住むには十分です。何より駅から近く、教育環境も充実しているので、とっても満足しています。

中古住宅の購入体験談まとめ

今回は、駅近の中古住宅を格安で手に入れたご夫婦の自宅購入体験談でした。今回のポイントは、

1.焦らずに待てた
2.物件の選球眼を一年間磨いていた
3.不動産業者との密な連絡を続けていた

ということかと思います。
稀にしか出ない優良中古物件を購入するためには、情報をいかに早く入手できるか、そしていかに早く決断できるかが勝負の分かれ目になりそうですね。


関連記事