【購入体験談】その条件、本当に必用? 立地の良い築30年のマンションが狙い目
こんにちは、管理人のサトウです。今回は築30年の古いマンションを購入された方の体験談です。古いとは言っても、立地が良いため利便性が高く、価格も安いという、実際に住むには大変快適な物件のようです。
マンションの寿命は80年とも100年とも言われていますので、管理の行き届いた丈夫なマンションであれば、築30年の物件でも、生涯住むことができそうです。

築浅も買えるけど 築30年のマンションのほうが満足度が高いこともある

私は30歳の人材紹介業界に勤めている男性です。これは3年前に築30年のマンションを購入した時のお話です。

私達家族は、それまでは賃貸マンションに住んでいたのですが、家族の増加により部屋が手狭になったことや、月々の賃料がもったいないということで、マンションの購入を検討し始めました。

購入した物件は少し古いながらも、前に住んでいた人が数年前にリフォームをされていて、その後ほとんど使っていなかったということで綺麗な状態でした。マンションはリフォームしてしまえば、築浅も築30年の物件も住む分には変わりません。

広さもそこそこ広い物件でしたし、ローンの支払いと月々の管理費修繕積立金の合計金額は、今まで払っていた家賃の半分以下になるなど、総合的なバランスからこの物件を購入することにしました。

色々見ていたら何がいいのか分からなくなってきた

探し始めた当初は、場所も条件も特にこだわりがなく、選択肢がとても多すぎて収拾がつかなくないくらいだったのですが、インターネットで情報収集をして、ネット上の物件情報を見ているうちに、どうせなら新しい方が、どうせなら駅に高い方が、どうせなら広い方がと、今度は希望条件が高くなりすぎて結局収拾がつかなくなってしまいました。

そこで不動産会社に行ってみようという事になりました。

いざ不動産会社に行ってみようと思うと不動産会社がたくさんある事にびっくりしました。いくつか回りましたが、出てくる物件情報が重複していて、不思議に思い聞いてみると、現在売却物件の情報は不動産会社で共有されていて、どこの会社でも同じものが見れるということを聞きました。

それであればということで、やはり人柄のいい営業マンがいるということを条件に不動産会社を選びました。

自分達に必用なのは利便性の高さだと気が付きました

まずはどんどん上がってしまった希望条件のハードルを下げるのに苦労しました。不動産会社の営業マンに相談に乗ってもらいながら優先順位をつけましたが、なかなか実感が湧きませんでした。そこで、実際に物件を見てみましょうということになったのですが、これが正解でした。

できれば広い方が良いと思っていましたが、実際に広い部屋を見てみると、明らかに不必要で、具体的に必要な広さのイメージがつきましたし、できれば新しい方が良いと思っていた点も、リフォームされていれば室内は綺麗ですし、管理がしっかりしていれば外見も綺麗でした。

逆に立地については、当初どこでもいいと考えていましたが、育児や通勤などを考えると大切でしたし、金額については当初考えていた金額では大変だったと思います。現実的に余裕のある金額を考え直しました。

とにかく物件を見ながら自分の判断基準を磨いていくのがよかったと思っています。そのおかげでとても良い物件に出会えて、現在もとても満足して暮らしています。

マンション購入体験まとめ

今回は築30年のマンションを購入された方の体験談でした。自分たちに本当に必用なものは何かとうのを、実際に物件を見ながら選定して行ったという部分に感心しました。

予算内でとにかく広く、新しく、利便性もよく、、、という感じにしていくと、何を優先すべきかを見失ってしまいがちです。こだわる部分の優先度を決め、自分たちの生活に最適なバランスの物件を探すというのが、物件選びのポイントかと思います。


関連記事