【リフォーム体験談】築45年の実家の老朽化が進みリフォームを決意
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、築45年の実家を老朽化工事と祖父母のためにリフォームされた方の体験談です。築45年は老朽化が進みそうですね。快適で安全に暮らすためにも定期的な家の修理や思い切ったリフォームは重要です。

実家が老朽化したのでリフォームを決断

私は、神奈川県横浜市在住の20歳の大学生で女性です。

実家をリフォームしました。築45年で、少し老朽化が進んでいました。二階建てで、祖父母と同居し、二世帯住宅です。

一階が祖父母の部屋で、二階が私たち家族の部屋になっています。一階、二階共に四部屋ずつあります。

リフォームした理由は、老朽化が進んでいたことがひとつあげられます。

ピアノを二階の部屋に置くことができず、買うのを断念したくらいです。

また、祖父母の体が弱くなってきており、今のままでは祖父母が暮らしづらそうだったためリフォームを決断しました。(家の中で車椅子の使用ができなかったり、また、家のなかに小さな段差が沢山ありました。)

柱以外ほとんどリフォーム

柱以外、ほとんど直しました。間取りも一部組み替えました。

まず、祖父母の部屋の段差をすべて取り除きました。いつ、車椅子になっても大丈夫な仕様になりました。

それから、家に屋根裏の収納スペースがありましたが、のぼるのがたてに長いはしごで、すごく登りづらく、特に重い荷物を持って登る時は非常に怖かったです。

なので、思いきって普通の階段を設置しました。はじめて来た人が見ると三階だてのようにも見えます。

おかげで、荷物の出し入れがすごく楽になりました。

それから、和室をすべて洋室に変えました。理由は、和室の維持が大変だからです。

たたみというのは思いの外劣化しやすく、それをふせぐため、すべての部屋を洋室にしました。

リフォーム業者は友達に、家がリフォームなどを扱う会社をやっている人がいたので、そこに依頼しました。

リフォームの際気を付けたこと、こだわったこと

体が弱ってしまった祖父母のことを考えて、動線を意識しました。

一階は、一周ぐるっと回れるようになっています。そのため、どこからでも別の部屋に行くことができます。

また、普段はあまり気にしない照明にもこだわりました。

リビングはくつろげるゆったりした照明、勉強部屋は明るくはっきりした照明…という具合です。

リフォームするときのアドバイス

リフォーム後の家に住んでいると、なにかと不都合があったりします。

実際、わたしの家では、壁紙が少しはがれてしまったり、お風呂の排水溝から変な音がしたりしました。

ですが、アフターケアがきちんとしていたため、リフォームしてから三ヶ月後くらいにもう一度業者の方が来てくださり、工事を行いました。

そのとき、アフターケアの大切さを実感しました。リフォームするなら、アフターケアもしっかりしているところがいいと思います。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事