【リフォーム体験談】リノベーションに憧れて築35年の平屋立てを家族でリノベーション
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、リノベーションに憧れて築35年の平屋立てを土地込、庭や畑付きで購入し、リノベーションされた方の体験談です。業者に頼らず、家族で理想の一軒家にすることはとても大変なことだと思いますが、家族の団結も深まり、思い出作りとしてもとても素敵な経験になりそうですね。

リノベーションに憧れて、築35年の7LDKの平屋を購入

35歳で男性、職業はサラリーマンをしています。宮崎県宮崎市で働き、同じ地域に住居を構える事が出来ました。

最近流行のリノベーションに憧れて築35年の平屋立てを土地込、庭や畑付きで購入しました。

間取りは宮崎市でも田舎の方で、昔農家さんが住んでいた家で7LDKでした。その他に車庫代わりに使える大きい納屋もあります。

金額は都会の方が聞いたらビックリする程安い金額で購入出来ました。

当然購入した状態ではぼろいし住めた物ではありませんでしたが、リノベーションに憧れていたので自分たちでリフォームして住んでいます。

現在は畑作りを家族で楽しんでいます。

外部までは手をつけていないのですが、現在は内部はほぼリノベーション済みです。なかなか伝えにくいのですが、よく雑誌に出てくる様な小民家風な感じに仕上がっていると思います。

宮崎市でも田舎の方の物件なので小民家風が景色によく馴染んでいると自負しています。

業者の力を借りずに自分たちだけでリノベーション

最初は全て業者さんを入れようかなとも考えていたのですが、せっかくリノベーションに憧れて購入した家なのでここは自分たちでやってみようと家族皆で団結してやりました。

当然自分は力作業や解体がメインです。

妻や子供達は片付けや掃除関係、庭野手入れを中心に思い思いに作業していきました。

雑誌などを見ながら皆で話し合い、作業をしていく中で家族の一体感がより強まったのはいい記念になったと思います。

結果として自分たちで頑張ってやって良かったと思います。

まずはお金をかけずにリノベーションする事を1番の目標にしました。

中古物件にお金をかけ過ぎるくらいなら新築でこだわって家を作った方がいいですしね!

私が住んでいる地域にはホームセンターでそこそこ大きい、ガイアの夜明けにも紹介されたハンズマンというところがあり、それこそ何でも資材が揃う所なので、100%といっても良いくらいハンズマンで資材関係を揃えました。どうしてもこだわりの物が欲しいときだけネットで買ったりもしました。

思い出の一軒家へと変身させるには

アドバイスとしては、まずどのような建物が欲しいかという所から物件を探されると良いかと思います。

まめに不動産屋をまわれば気に入った形の、理想の家が見つかると思うのでデザインなどはその後でもいいと私は考えます。

私の場合には平屋にこだわりがあったのですが、人によっては細長い家をリノベーションしてみたかったり、湖畔に近い別荘の様な所をリノベーションしてみたかったりと様々でしょう。

そして理想の形の中古物件が見つかれば後はどんどんアイデアが湧き出てきますよ!

そして家族皆で一緒に作り上げて思い出の一軒家に仕上げていってみて下さい。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事