【リフォーム体験談】築34年の中古マンションを購入し、900万円でリノベーション
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、築34年の中古マンションを購入し、リノベーションされた方の体験談です。同じような間取りでも、新築のマンションを購入するより、リノベーションした方が1000万円も安くなるそうです。自分好みのアパートに出来るので、お得感がありますね。

業者のセミナーや見学会などに参加し、業者を決定

35歳になった時に妻と二人でマンションを購入しようと計画しました。

まだ子供がおらず、二人とも会社員をしていたので、余裕のある時に購入しておこうという事でした。

物件探しは、勤務地のある大阪市内からアクセスが良くて、将来的に子供の学区としても評判のいい豊中市周辺ということに決めました。

リノベーションが希望だったので、大阪市でリノベーションを先駆けて多数手がけていた業者のセミナーや見学会などに参加して徐々にイメージをわかせていき、最終的にはその見学会での部屋の雰囲気が良かったのでその業者にお願いすることにしました。

築34年の中古マンションを購入し、リノベーション

リノベーションをしようと思ったのは、既存の新築マンションや注文住宅などの場合、経費を削減するために、よくありがちな内装になりやすく、個性がないし、間取りもありきたりな間取りになってしまうのが嫌だったからです。

リノベーションは中古マンションを購入して、間取りの設計から壁紙の模様まで自由にできて、自分好みで住みやすい家を作れるというのに魅力を感じたのです。ということで、物件は半年くらい探して、築34年のマンションに決定しました。

選んだ基準としては、一つは築年数のわりに見た目がキレイだったこと、総戸数が150以上ある事、あとは壁を全部取り払ってリフォームできることということを重視しました。

見た目がキレイということは、管理組合の管理がしっかりしていて、マンションの維持がきちんとできているということになります。

総戸数が多いほど、管理費がまとまって安定して集まるので、修繕などが余裕を持ってできるということがあります。

また、マンションの管理規約によってはリフォームに制約が多いところもあるので、ある程度自由にリフォームできるという条件で探しました。

2400万円で3600万円のマンションのような仕上がりに!

リノベーションのテイストとしてはシンプル&ナチュラルをテーマにして、LDKを21帖と広く取って、全面を無垢のフローリングにしました。

キッチンはアイランドにして、立ち上げの壁にはアンティーク調のタイルを敷き詰めました。

ライトもスポットライトにして、明るすぎないようにし、調光機能もつけて明るさを調節できるようにしています。

扉なども設計士の人にデザインしてもらって、ガラスや取っ手などの素材を自分で選んで作ってもらいました。

自由度がかなり高いので、設計士さんにある程度は任せて、その図面をもとに自分たちの希望を入れていくということにしました。

物件が決まってから図面などを決めるのに1ヶ月、工期が半年くらいで完成しました。

78平米の元々3LDKの築34年のマンションを1500万円で購入して、リフォーム代は900万円で計2400万円となりました。

周辺の新築マンションで同じ間取りの場合は3600万円くらいすることを考えると築年数は古いもののかなりお得に購入できたと思います。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事