【リフォーム体験談】築20年の一戸建ての屋根と外壁と水回りをリフォーム
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、築20年の一戸建ての屋根と外壁と水回りをリフォームされた方の体験談です。外壁は日光と風雨の影響を受けやすいので早い方では10年で塗装し直します。定期的な補修は家の老朽化抑制にも繋がります。

周りの家が次々にリフォームを始めたのでリフォームを決意

50歳の女性、主婦です。埼玉県春日部市に住んでいた時にリフォームをしました。一戸建てのマイホームで、築20年でした。間取りは3LDKです。

リフォームを行った理由は、同じころに建てた周りの家がリフォームを行っていたからです。

1件行うと、どんどんリフォームする家が増えてきました。リフォーム後の家を見せてもらうととてもきれいで、素敵に見えました。リフォーム資金に使える貯金もあったのでリフォームを決意しました。

屋根と外壁を塗装しました。そして、トイレと洗面所の全体のリフォームもしました。

外壁と屋根にはこだわりました

業者は、周りの家に聞いて、同じところにお願いしました。ママ友の情報は信頼性があり、実際に見ているので安心できました。知り合いの工務店はなく、自分で探して失敗するのが嫌だったからです。

リフォームで重要視したことは、家を明るくすることです。

色合いを明るくすることで、新築のようにきれいに見せたいなと思いました。特に外壁と屋根にはこだわりました。

塗装は、早い方で10年で工事を行います。しかし、我が家は20年たっているために、かなり色が剥げていました。

日光や雨、風によって汚くなっていました。そのため、念入りに塗ってもらうことになりました。重ねて塗った方が丈夫になり、見た目にもきれいになるということで、重ね塗りをしてもらいました。

ひびが入っていたところもありました。補修をして、雨漏り防止につながりました。

雨が家の中に入ってくると、柱など土台が腐って耐久性が悪くなることがあります。そうなると工事が大変になるので、今のうちに補修ができてよかったと思いました。

水回りもリフォーム

トイレは、カビが生えて汚くなっていました。北側にあるということもあって、じめじめしています。防カビ効果のある壁紙や床を選びました。

便器は節水機能が付いたものに交換しました。リフォームをして、一番掃除がしやすくなった場所です。拭き掃除が楽になりました。

洗面所も北側にあります。同じく防カビ効果のあるものに変えました。ここは壁紙の色を薄いピンク色にしました。

今までとは雰囲気が変わり、明るく感じる場所に変わりました。今までは、何となく暗く感じていたので、朝の準備をする場所なので、明るくなって朝の気持ちも変わってきました。

リフォームにはお金がかかります。壁紙を変えるにしても壁紙代だけではなく、作業代金が高額になります。

もったいない気がしますが、自分ですることはできません。プロにお願いするからこそきれいな仕上がりになります。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事