【欠陥住宅体験談】マンションに引っ越し後、天井の染みを発見
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、マンションの空き部屋を購入し、引っ越しされた方の体験談です。引っ越しの際、部屋の雰囲気や間取りは皆さん確認すると思います。しかし、天井はどうしても見落としがちになってしまいますよね・・・

マンションの空き部屋を購入

娘親子の為に家を探している時、自分の住んでいるマンションの1階上の部屋が売りに出されているのを知り、娘を伴って見学させてもらったところ結構きれいに保たれていて、間取りも娘親子がある年齢まで生活するには申し分のないもので、娘ともども気に入りました。

所有者の方は既に引越ししていて、現在空き家になっているので、購入手続きさえ済めばいつからでも入居出来るということなので、早速購入手続きをすることにしました。

私は自分のマンションのローンが若干残っているので、私の名義では購入出来ないので、長男が住むことにして長男の名義で購入することにして手続きをし、全て終了したので引越しをさせました。

引っ越して来たら天井に染みが・・・

引越し荷物が全部入り終わって各部屋を確認して回ったところ、洋室の天井部分に染みがあるのに気が付きました。

しっかり見ないとよく分からない染みなので、購入前の見学の時はしっかり見なかったこともありますが全く気づきませんでした。

でもよく見てみると染みに間違いありません。一戸建てだと雨漏りということも考えられますが、マンションの中途階で雨漏り等ちょっと考えられません。

早速販売会社の担当者に連絡し、見に来てもらいました。担当者は何回かここに来ているが全く気づかなかったとのことで、早速調べてみるとのことでした。

そして後日前所有者が入居する際にリフォームをした建築業者と不動産業者お抱えの建築士をともなってやってきました。

まず担当者曰く、前所有者にお聞きしたが、入居している時はそのようなことは無かったとのこと、建築業者は天井を張り替えているが、その時は天井から水漏れしている様子は無かったとのことです。

建築士は壁のひび割れから水がスラブを伝って流れてこないことは無いが、このマンションではそれは考えられないことだというのです。

ではどうしたらいいのか、担当者曰く、契約条項の中の貸し担保責任で修繕出来ますが、天井をめくって調べた上での修繕なので、相当大掛かりになるということでした。

物件を購入する際は欠陥がないかしっかりと見ること

すこし考えさせてもらうことにして、その間自分なりに調べたところ、この部屋が空き家になった昨年、5階の同じ並びの部屋が水漏れ修理をしていることが分かりました。

その方の水漏れはその修繕で止まったのですが、場所が娘の部屋と同じ部屋と分かりました。

多分その時に何らかの原因で天井に水漏れしたものかも知れない、それだったら前所有者は分かるはずはない、その後雨が降っても特に天井に染みることもないので、もういいか、大掛かりな工事も嫌だしと思い、修繕はしないことにしました。

その後住んで2年以上が経過して天井の染みが広がった風もないので、これで一見落着なんだと思っていますが、決して安くない物件を購入するわけですから、後日問題が発生しないよう、しっかり見ることと、疑問な点は納得するまで聞かないといけないもんだと思った次第です。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事