【欠陥住宅体験談】様々な場所から異音がする欠陥住宅を購入
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、様々な場所から異音がする欠陥住宅を購入された方の体験談です。注文住宅を見学しただけでは生活したら異音がすることまでは気付けませんよね。

とんでもない欠陥住宅を購入

私が経験した欠陥住宅の話です。今から三年前にとある都市で注文住宅を購入しました。その際にとんでもない欠陥住宅に遭遇したのです。

その住宅は地方の都市で購入しました。新幹線で通勤できるようにと新幹線で1時間半で通勤できる範囲に注文したのです。

以前都内から通勤30分圏内で通えるところにマンションを賃貸で済んでいましたが、子供ができて環境を整えようと思い、郊外に新居を建てようと夫婦で決めました。

主人とは本当に仲が良かったんですが、注文住宅を建てる際に家相を見てもらえる人に相談をしたところ、あまりよくないといわれたのが気にかかっていたんです。

そうして少し気がかりながら注文住宅を頼んだのですが、その家相の話がズバリ的中しました。

住んだら様々なところから異音が・・・

住んでみてなんだか異音がするような感じがしたんです。その結果見てもらって分かったのが、建築の時に使った木材に異変が多かったということです。

それが木材にひびが入っていたりしてそこが音を立ててたとのこと、それから家の事がすべて気になりだして、家中調べるような結果になったんです。

すべての音が気になりだし、更に水道の音が異音に聞こえたりして、精神的にノイローゼになるような気になりましたね。

一つが壊れるとすべてが崩壊するように、夫婦仲も冷め切っていきました。

一つの欠陥が大きく広がって何もかもがうまくいかなくなったんです。その結果家の欠陥がすべて発見されました。

しかしながらその家を売却した時に本当に気持ちいい状態になったんです。

家は欠陥住宅でしたがほとんど捨て値で処分しました。しかしながら周りで見ていた人が助けてくれたんです。

その人たちのおかげで今は小さいながらも家族みんなで暮らしています。

新しい家の購入で全てが上手く進むように

また仕事も順調にいくようになり、今は新しい家の購入に関してみんなで相談して建てています。

欠陥が家の柱から、水道管の亀裂、そして水道の蛇口、お風呂場の設計などほとんどが欠陥でした。

その欠陥をある家屋調査会社に依頼した時には本当に愕然としましたが、今はその欠陥が分かってとても良かったと思っています。

なぜならばそのことがわからなければ今私たちの家族は崩壊していたからです。崩壊していたら元も子もありません。

すんでのところで分かったのでいざというときの火事場のくそ力が働いたのだと思います。

家って本当に大事だと思います。雨風しのぐことができるような家でもいいんです。

今は家族みんなで楽しく食事をしながら暮らしています。今の家には人が多く集まります。なんだかとても暖かく感じています。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事