【欠陥住宅体験談】欠陥住宅でも管理会社がしっかりしていれば大丈夫
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、中古マンションを購入された方の欠陥住宅体験談です。住んで5年目に欠陥を発見しましたが、管理会社が保証してくれたそうです。物件選びで大事なのは管理会社がしっかりしていることですね。

購入した中古マンションが欠陥住宅

今年購入したマンションの自宅の欠陥が見つかりました。

私は32歳の女性です。仕事は看護師をしています。物件は大阪府大阪市にある駅近のマンションです。

結婚して主人の実家に住んでいましたが、子供が産まれて保育所と実家と仕事場の往復は時間的にきつく、調整が難しいものでした。

そこで仕事近くにマンションを購入して引っ越しをしました。

排水が漏れるトイレ

マンションは購入する時は既に中古マンションでした。築年数10年の物件です。今年で住み始めて5年目になります。

今まではその様な事を感じてはいませんでしたが、トイレの排水が漏れているようで気になりました。

トイレに敷いているマットが明らかに湿っているのです。

子供のトイレの失敗かと初めは思っていましたが、子供は4歳でもし失敗があれば必ず、私がいるので報告をします。

気のせいかもしれないと思い、マットを洗濯し乾いた状態で又数日様子を見ていました。そうするとやはりマットの一部が湿るのです。

購入した時からトイレの前は黒くカビの様に変色していました。中古物件なのでこんなものかなと思っていましたが、もしかしたらこれはじわじわしみていた事を物語っているのでは、と思うようになりました。

不動産よりも管理会社に連絡!

そこで早速仲介してくれた不動産屋さんに連絡をしました。場合によっては瑕疵という事で保証してくれるのではないかと思ったからです。

不動産屋さんもまずは管理会社に聞いてみて、との事でした。

管理会社が保証してくれるかもしれないし、出来なければ、自費でリフォーム屋さんに入ってもらうしかないと言われました。

管理会社に連絡するより先にいつも掃除をしてくれる人に伝言してもらう様に伝えました。

その方には、もしかして雨が横に吹いていた日じゃない?と聞かれました。

確かに雨が続いた日だけその様な状態で最近は全く湿っていませんでした。と言うのも、管理人室もトイレと同じ並びにあるのですが、床上浸水の様に湿っていた事があったとの事でした。

物件選びのポイントは管理会社がしっかりしていること

結局管理人さんに報告すると工事費を出してリフォームしてくれました。

その為に少し物をどけたり、仕事を休みを取ったりしました。少し手間でしたが、管理会社が保証してくれたので満足しています。

住んでから5年が経って初めて体験した欠陥でした。この様な状態を購入前から見抜くのはほぼ不可能に近いと思います。

言えるのはいい物件でも何でも、とにかく管理会社がきちんとしている所である方が、今後住んでいくには必須になる注目ポイントだと感じました。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事