【売却体験談】父の退職で家計が苦しくなり自宅を売却しました

父の退職で家計が苦しくなってしまいました

私は30歳の男性会社員で兵庫県に住んでいます。

私が売った家は4LDKで地下部分にガレージのある物件です。65歳になる父親が定年退職になり、父親の年金、私の収入、母親の収入を合わせてもローン返済が追い付かなくなってしまいました。

今まで住んでいた思い出が一番多い一軒家だったので手放すのをなるべく売りたくなかったときもありましたが、住宅ローンの他にも返済があり家計が苦しくなってきたので売ることにしました。

不動産屋に行き、査定してもらったところ、納得できる金額で売れそうなことが分かり、決心がつきました。

オール電化でエコキュートとソーラーパネルを付けてあり、電気代が儲けになることもありました。洗濯物を干せる庭もあり、ペットを飼っている方には良い物件だったと思います。

インターネットで不動産の査定をしました

今ではパソコンやスマートフォンの普及により、インターネットを使いどの不動産業者が良いのか一目でわかる有名な不動産業者の一括査定が可能なウェブサイトの利用が増えており、まずは私もそのウェブサイトで査定をしてみました。

私の使ったサービスでは、その家に合った4社を自動でピックアップして一括査定をしてくれ、買い取り価格の高い業者を選ぶことが出来ました。

ですが、その一社目の営業の方との相性が悪くて2番目に高かった会社にするか迷いながらも、その二社目の不動産屋に赴いたところ、営業の方との相性が良く、とても話やすくてどんな質問でも答えてくれますし、とても交渉がしやすかったです。

売却時に気を付けた点は、余りにも適当な返しやうすっぺらい内容で話すような担当者に当たらないようにしたことです。

そのほかには、書類の整理や住所変更など役所の届け出にも苦労しました。引っ越しの際捨てないといけないものが多く捨てるもの捨てないものの判断に時間がかかりました。

(体験談は以上です)

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事