【戸建て売却体験談】徹底的に価格を調査 希望の値段で売却できました!

子供が増えて自宅の売却を決断

私は44歳の会社員で埼玉県在住です。

以前、さいたま市にある戸建物件を売却しました。もともと築3年が経過した中古の状態で購入した物件で約3年住みました。物件概要は、駅徒歩20分、木造2階建4LDK(1階1LDKで2階3部屋)、南向きで庭付き、車庫付きです。

この物件を売ろうと思ったのは、子供が生まれたことがきっかけでした。

購入当初は夫婦二人暮らしでしたが、子供が2人になりいろいろと不便なところが出てきました。共働きをしながらの子育てであった為、駅から遠く通勤時間がかかること、スーパーや銀行など生活に必要な施設に行くにも不便だったこと、家事をしながら子育てをするのに1階と2階の行き来が辛くなってきたことなどです。

また、実家の近くに引っ越すことで子育てにおいて両親のサポートを受けたいことも理由でした。

売却はマンションデベロッパーに依頼

売却をお願いした不動産業者は新居であるマンションの購入先であるマンションディベロッパーでした。仲介専門業者にお願いしたほうが、お客さんの沢山いてすぐ売れそうな感じはしていたのですが、今回は買い替えであり、元の戸建が売れないと新居のマンションを購入できないので、同じ業者さんにお願いしたほうが、購入資金管理がうまくいくと思いました(元の不動産が売れないと新居の売買契約は無効になるという停止条件付の契約でした)。

高く売るために価格は徹底的に調べました

実際に売りに出した時には価格設定を気にしました。できるだけ高く売りたいけれどもあまり高くするとなかなか売れず新居が購入できなくなるので、周囲の不動産の販売状況や一括査定サービスなどを利用して十分に調べました。

★当サイトが調査したおすすめの査定サービス★

一括査定サービスはこちら

不動産業者から有益なアドバイスもたくさんいただきましたが、彼らの立場からすれば早く売却してマンションの契約を成立させたいという気持ちもあると思ったので、アドバイスを鵜呑みにせず、最後には自分で決断しました。

また、売却するときには、購入希望者の物件内見が不可欠ですが、住みながらの売却活動だったので、その期間はできるだけ相手の希望日時に沿うように在宅するようにする、あるいは室内を整理整頓、掃除をしてきれいに見てもらうようにこころがけました。

購入者は思っていたよりもすぐに見つかりました。

内見は3件ほどあり、そのうちの1件に決まりました。

売却活動を開始して2週間程度だったので、ストレスなく売却まで進めることができました。価格は2,780万円で広告を出していたのですが、値引き交渉があり、2,700万円で売却しました。

それでも十分に市場価格並みでしたし、もともと中古で購入した時は3,000万円で購入したので、3年で300万円減なら悪くない取引だと思い、満足しています。
(体験談は以上です)

まとめ

売却価格を十分に調査しておいたことでスムーズな取引が行えたようです。不動産価格は似たような物件でも、タイミングなどによっても価格が大きく変動しますので、売却時には正確な価格査定を行っておくことが必要です。

当サイトでは、不動産一括査定サービスの調査もおこなっておりますので、不動産の売却をする前に参考にしてみてください。

一括査定サービスはこちら

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事