2668230_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は転勤の多いサラリーマンの方が、転勤しても売却しやすいことに重点を置いてタワーマンションを購入したという体験談です。都内で利便性の非常に高いタワーマンションを購入する場合の良い参考になるかと思います。

数年で売却する予定 どうせ買うならとにかく利便性の高いブランドタワーマンション

わたしは42歳の製造業に勤めるサラリーマンです。家内と高校生、中学生の2人の娘がいます。今は兵庫県に住んでいます。

我が家がマンションを購入したのはちょうど10年前です。当時は東京勤務で、長くなりそうな気配を感じていました。最終的にはわたしも家内も関西に戻りたいという思いを持っていましたが、会社の、家賃補助が下がるタイミングもあり、せっかくなら一度くらい分譲マンションを購入しようかという話になりました。

家賃を払うよりローンを組んでマンションを購入したほうがお得

家賃補助のマンション住まいで7万円、さらに駐車場費用を支払うことを考えると、毎月10万円のローンでマンションを購入した方が得策という結論に至りました。

物件探しにあたってのポイントは、最終的には関西に戻るので売却しやすい物件であることが大前提でした。また、せっかく購入するなら住所も物件もプレミアムを感じさせるところにしました。

そんな条件に合った物件がいくつかありましたが、不動産会社にはこだわりはありませんでした。わたしたちが、購入しようと思うようなマンションを手がける不動産会社は間違いなく名前も通っています。

とにかく周辺環境が良い物件を探しました

さらに我が家の場合、子供が二人いましたので周辺環境、自治体の補助なども気になるポイントでした。医療費負担が小学生の間は無料だったり、文京地区であるか、さらには図書館や公園といった周辺環境が揃っているかというところも大きなポイントです。

物件の選定にあたってはもちろん予算も大きなポイントでした。我が家の場合、頭金1000万円、ローン3500万円ということまで決めていました。正直都内のタワーマンションとなると厳しい資金計画と言わざるをえません。しかし、実際には大規模マンションで間取りが狭い物件となれば、比較的安くかつ、共用施設なども、使うことができるのでかなりお得な物件が存在します。

車を手放して浮いたお金で物件のグレードをアップ

また、都内であれば、車を手放しても困りません。この車の維持費をゼロにしてしまえば、その分を物件に投資できます。実際に購入した物件についてはとにかく満足しています。新築のため似た世代の入居も多く、かつマンションの共用施設が抜群に優れていたからです。

もちろん、若干間取りが狭いという弱点はありますが、これだけのプラス要素を考えた場合に、マイナスポイントとしてはさほど気になるものではないと感じていました。人生で最も高価で非常に優れた買い物になりました。

購入体験談まとめ

今回は売却を前提にブランドタワーマンションを購入された方の体験談でした。売却しやすいマンションというのは、もちろん利便性が高いマンションですので、価格も高額になりがちですが、間取りを若干狭くすることで価格を抑えることができるというのは、面白い視点でした。

家具なども必用最低限のものにすれば、お部屋は意外と広くつかえるものです。断捨離なども流行りですが、工夫をすれば少しくらい狭い間取りでも、家族4人で十分快適に過ごすことはできるようですね。


関連記事