名古屋市中区でマンション・一戸建を任意売却できる不動産業者まとめ

名古屋市中区でマンションや一戸建てなどの住宅を任意売却できる不動産業者を一覧にまとめました。

また、任意売却する不動産の適正な価格を知るための査定サービスなども紹介しています。

任意売却をせずに不動産を売却できるかも!? 

住宅ローンの残債よりも不動産が高く売れる場合は、任意売却や競売などを避けることができるかもしれません

ご存知かもしれませんがここ数年不動産の価格は上昇傾向にあります。

思ったよりも高く売れたという事例も多く発生しています。

まずは自分の家やマンションが実際いくらで売れるのかを知ることが大切です。

ここでは、無料で使えて、任意売却物件の査定にも対応した一括査定サービスを紹介します。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    RE-Guide(リガイド)は、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスで、名古屋市中区での利用も可能です。

    訪問なしの机上査定を選ぶことで、誰にも知られることなく査定価格を調べることができます。

    また、高値で買取りをしてくれる業者があれば、そのまま売却することも可能です。

    相談だけの利用もOKで、結果は最短即日で分かります。

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で完了します。

    RE-Guideの公式サイトはこちら

名古屋市中区で不動産の一括査定を行っているサービスの紹介は以上です。

一括査定を依頼すると数日以内に複数の会社から査定結果が届きます

この査定価格には数百万円の差があるのが普通です。

そのため、思っていたよりも高額な査定が出ることもありますが、重要なのは査定価格と住宅ローン残債の間にどの程度違いがあるのかを知ることです。

もし、査定価格が残債程度か残債よりも高額な場合は、任意売却や競売をせずに済む可能性が出てきます。

住宅ローンが完済できる可能性を捨てないためにも、まずは自宅の本来の価値を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

一括査定RE-Guideの公式サイトはこちら

名古屋市中区で任意売却ができる不動産業者の一覧

名古屋市中区で任意売却の仲介・買取り・無料査定などに対応した業者をまとめた一覧です。

自宅(一戸建て住宅、マンション、etc.)の任意売却の相談なども可能です。

名古屋市の名古屋市中区以外の一覧はこちら

株式会社住まいのデパート 

住まいのデパートでは、土地建物の売買を行っています。売却相談可能、現地調査、査定葉無料。売却に係る法律、税金、仲介手数料などの費用についても詳しく丁寧に説明します。


⇒株式会社住まいのデパートのサイトはこちら
住所 愛知県名古屋市中区錦3-16番27号栄パークサイドプレイス3F
アクセス 栄駅より徒歩3分
電話番号 0120-005-567

株式会社コープランド  

コープランドは土地、マンション、戸建てなどの売買を手掛ける会社です。投資用物件、店舗、事務所もあり。売却時の査定無料。より高く売りたい、即現金化したいなどの要望に沿って対応します。


⇒株式会社コープランド のサイトはこちら
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1-13-6大和丸ノ内ビル6階
アクセス 地下鉄鶴舞線丸の内駅より徒歩12分
電話番号 052-253-6662

株式会社リアル 営業部 

リアルは、中古マンション、中古戸建を扱う不動産会社です。リノベ―ションが得意で、リノベーション済の中古マンションを多数そろえています。売却、買取、競売代行等も可能です。


⇒株式会社リアル 営業部のサイトはこちら
住所 愛知県名古屋市中区新栄2丁目1-34 リアル新栄ビル1F
アクセス 名古屋市営東山線 新栄町駅 徒歩4分
JR中央本線 千種駅 徒歩15分
電話番号 0120-33-6964

日本システムバンク株式会社 

日本システムバンクは、駐車場経営、コインパーキングを全国的に展開する会社です。土地の有効活用の一環として、オーナー直接経営から駐車場の一括借上げまで対応しています。


⇒日本システムバンク株式会社のサイトはこちら
住所 愛知県名古屋市中区大須1-6-18
アクセス 大須観音駅より徒歩5分
電話番号 0776-30-1815


名古屋市中区で不動産の任意売却を行う業者の一覧は以上です。

いずれの業者に依頼する場合も、信頼できる業者なのかどうかを見極めることが大切です。

「高い金額で売却してくれる営業力はあるのか」、「銀行との交渉を有利に導いた実績はあるのか」、などを確認しておくことが必要です。

まずはいくらで売却できるのかを知りたいという場合は、一括査定サービスが便利です。

1分で査定価格が分かる:RE-Guideの公式サイトはこちら

競売だけは避けるべき理由 

もし、「競売」になってしまうと売却した金額はすべて銀行へ渡り、返済しきれなかった借金だけが残ってしまいます。

競売を行ったとしてもローン返済が免除されるわけではないのです

マンションの管理費や修繕積立金の滞納などをしていいた場合は、それらも自分で支払わなければならない義務も残りますし、引っ越し費用なども自分で捻出しなければなりません。

自宅からの強制退去、近所の住民や子供の同級生家族に競売になったことがバレてしまうリスクが高いなど、肉体的・精神的な負担も非常に大きいものとなります。

「どうせ競売になるのだから放っておこう」

と考える前に、まずは任意売却を検討してみて下さい。

最悪の場合は、自己破産という手もありますが、社会的に立ち直るのが大変になるため、できることなら任意売却で新生活をやり直す方をおすすめします。

なお、債務整理や自己破産の詳細については、弁護士や司法書士へご相談ください。


【おすすめ記事一覧】
任意売却を行う前に読んでおくべき記事をまとめました。ご一読ください。

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事