世田谷区で自宅・マンション・一戸建を任意売却できる不動産屋まとめ

世田谷区でマンションや一戸建てなどの住宅を任意売却できる不動産業者を一覧にまとめました。

また、売却する不動産の適正な価格を知るための査定サービスなども紹介しています。

世田谷区で使える無料の不動産査定サービス

任意売却では、本来の価格よりもずっと安い金額で買いたたこうとする買い手がいます。

不当な値引き交渉をさせないためには、自宅の正当な価格を知っておくことが大切になります。

ここでは、無料で使えて、任意売却物件の査定にも対応した査定サービスを紹介します。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    RE-Guide(リガイド) は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスで、任意売却物件の査定に対応しています。

    もちろん、世田谷区での利用も可能です。

    訪問なしの机上査定を選ぶことで、誰にも知られることなく結果を知ることができます。

    また、高値で買取りをしてくれる業者があれば、そのまま売却することも可能です。

    相談だけの利用もOKで、結果は最短即日で分かります。

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で完了します。

    RE-Guideの公式サイトはこちら

世田谷区で任意売却物件の一括査定を行っているサービスの紹介は以上です。

一括査定を依頼すると数日以内に複数の会社から査定結果が届きます

その中から、売却先を探しても良いですし、他の業者を探しても問題ありません。

重要なことは、複数の査定を得ることで正当な相場を知ることです。

ご自身で地元の不動産会社に1社ずつ査定を依頼しても構いませんが、何度も業者が自宅へ来るなど、あまりお勧めできません。

まずは査定で相場を把握し、そのうえで任意売却が可能な不動産会社に問い合わせるという流れが、不当な値引き交渉に巻き込まれないための方法です。

一括査定RE-Guideの公式サイトはこちら

世田谷区で任意売却ができる不動産業者の一覧

世田谷区で任意売却の仲介・買取り・無料査定などに対応した業者をまとめた一覧です。

自宅(一戸建て住宅、マンション、etc.)の任意売却の相談なども可能です。

東京23区の世田谷区以外の一覧はこちら

すでに滞納している期限の利益の喪失通知代位弁済(債権譲渡)通知競売開始決定通知が届いてしまっている場合は、こちらを先にご確認ください。
滞納期間が2か月以上続いている場合

任意売却ドットビズ 

任意売却ドットビズは、差し押さえ通知が届いた方、住宅ローンの支払いが出来ない方、裁判所から競売開始通知が届いた方などの任意売却の相談に親切・丁寧・迅速に対応してくれる不動産会社です。


⇒任意売却ドットビズのサイトはこちら
住所 東京都世田谷区奥沢5-34-1 
アクセス JR東急東横線 自由が丘駅 徒歩6分
電話番号 0120-521-819

グランネーション株式会社 

グランネーション株式会社は、また、任意売却、不動産の買取りの相談にお客様の目線に立ったアドバイスをしてくれる不動産会社です。また、世田谷区・目黒区・渋谷区エリアの売買物件・賃貸物件を豊富に取り揃えています。


⇒グランネーション株式会社のサイトはこちら
住所 東京都世田谷区三軒茶屋1-41-13映光ビル2B
アクセス 東急世田谷線 西太子堂駅 徒歩9分
電話番号 03-5433-1237

株式会社 第一豊不動産鑑定 

株式会社 第一豊不動産鑑定は、不動産の鑑定評価、コンサルティングを主な業務としており、お客様の立場に立った適切なアドバイスをしてくれる不動産会社です。豊富な知識を持つスタッフが迅速に対応してくれます。


⇒株式会社 第一豊不動産鑑定のサイトはこちら
住所 東京都世田谷区若林2-32-15 若藤第2マンション303
アクセス 東急世田谷線 西太子堂駅 徒歩11分
電話番号 03-5779-8783

株式会社 アーバントレンド・ネクスト 

株式会社 アーバントレンド・ネクストは、耐震基準適合証明書やフラット35適合証明書の発行を主な業務としており、迅速かつ正確にお客様のニーズに対応してくれる不動産会社です。


⇒株式会社 アーバントレンド・ネクストのサイトはこちら
住所 東京都世田谷区上馬2-14-1 
アクセス 東急世田谷線 駒澤大学駅 徒歩8分
電話番号 03-5431-5288

株式会社T.A.P (Tokyo Area Promotion) 

株式会社T.A.P (Tokyo Area Promotion)は、住宅ローンの支払いが滞っている方や競売開始決定の通知が届いた方の任意売却の相談に、経験豊富なスタッフがお客様の立場に立ってアドバイスをしてくれます。


⇒株式会社T.A.P (Tokyo Area Promotion)のサイトはこちら
住所 東京都世田谷区太子堂4-7番3号 東急ドエルアルス三軒茶屋8階
アクセス 東急世田谷線 西太子堂駅 徒歩7分
電話番号 03-6450-7223

ハウスアップ 有限会社みのりや 

ハウスアップ有限会社みのりやは、京王線沿線エリアの不動産情報を豊富に取り扱っており、お客様のライフスタイルに合った情報の提供をしてくれる不動産会社です。また、リフォームの相談も可能です。


⇒ハウスアップ 有限会社みのりやのサイトはこちら
住所 東京都世田谷区南烏山5-12-9-1F
アクセス 京王線 千歳鳥山駅 徒歩2分
電話番号 03-3300-8121

株式会社アソシオ 

株式会社アソシオは、代々木上原・東北沢・下北沢エリアを中心に売買・賃貸物件情報を豊富に取り揃えている不動産会社です。お客様のライフスタイルに沿った情報の提供をしてくれます。


⇒株式会社アソシオのサイトはこちら
住所 東京都世田谷区北沢3-2-11 レガーロ東北沢2階
アクセス 小田急線 東北沢駅 徒歩2分
電話番号 03-5738-5622

株式会社長谷工リアルエステート 駒沢店 

株式会社長谷工リアルエステート 駒沢店は、世田谷区周辺で「買いたい」「売りたい」お客様を繋げる役割を果たしてくれる不動産会社です。また、リノベーション事業にも力を入れており、丁寧に相談に応じてくれます。


⇒株式会社長谷工リアルエステート 駒沢店のサイトはこちら
住所 東京都世田谷区野沢4-22番11号アトラス駒澤大学1階101号室
アクセス 東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩7分
電話番号 0120-875-845

株式会社世田谷ハウス  

住所 東京都世田谷区弦巻3-12番16号

有限会社アーバンコミュニティ 

住所 東京都世田谷区太子堂3-14-4アーバンビル2F
電話番号 03-5486-1141


世田谷区で不動産の任意売却を行う業者の一覧は以上です。

いずれの業者に依頼する場合も、信頼できる業者なのかどうかを見極めることが大切です。

「高い金額で売却してくれる営業力はあるのか」、「銀行との交渉を有利に導いた実績はあるのか」、などを確認しておくことが必要です。

滞納期間が2か月以上続いている場合

期限の利益の喪失通知代位弁済(債権譲渡)通知競売開始決定通知が届いてしまった場合は、かなり早急に任意売却の準備を行わないといけません。

競売が開始され入札がされてしまうと、任意売却ができなくなってしまうためです。

任意売却であれば、毎月の返済額の減額も可能ですし、銀行側に引っ越し費用や滞納した積立金を負担してもう、残債を減額してもらうなどの交渉も可能です。

ただ、有利な条件を引き出すためには、銀行や債権者との粘り強い交渉が必要となります。

そのため、任意売却を得意とする不動産業者に依頼する必要があります。

ここでは、無料で債権者との交渉から売却まで対応している任意売却専門の不動産業者を紹介します。

世田谷区で使える任意売却の専門業者

  1. 全国個人再生支援機構 

    任意売却実績 5.0
    債権者との交渉力 5.0
    売却後のサポート 5.0

    全国個人再生支援機構は、任意売却の解決実績が2000件以上もある、全国対応の任意売却に特化した不動産業者です。

    もちろん世田谷区での利用も可能です。

    金融機関や債権者との交渉力が高く、住宅ローン滞納・不動産の売却・競売回避・その他の借金のお悩みまで対応してくれます。

    また、弁護士への相談も無料となっており、住宅ローン以外の借金についてもサポートもしてくれます。

    さらに、金融機関との交渉により依頼者の引っ越し費用などの捻出も行ってくれます。

    相談は24時間対応で、何度でも完全無料となっています。

    なるべく高い金額での売却をモットーとしており、売却後の新しい部屋探しまでサポートしてくれるため、安心して任せることが出来ます。

    相談依頼は、ホームページから住所などを入力するだけなので、2分程度で完了します。

    全国個人再生支援機構の公式サイトはこちら

任意売却を専門で扱う不動産業者の紹介は以上です。

任意売却は生活を再建するための仕組みです。無理な住宅ローンの支払いから解放されるため、精神的な負担が減り、いつも通りの生活を取り戻すことが出来るようになります。

もし、住宅ローンの他にも借金がある場合は、住宅ローンの残債と合わせて債務整理をすることで、債務の圧縮を行うことも可能です。

競売だけは避けるべき理由 

もし、「競売」になってしまうと売却した金額はすべて銀行へ渡り、返済しきれなかった借金だけが残ってしまいます。

競売を行ったとしてもローン返済が免除されるわけではないのです

マンションの管理費や修繕積立金の滞納などをしていいた場合は、それらも自分で支払わなければならない義務も残りますし、引っ越し費用なども自分で捻出しなければなりません。

自宅からの強制退去、近所の住民や子供の同級生家族に競売になったことがバレてしまうリスクが高いなど、肉体的・精神的な負担も非常に大きいものとなります。

「どうせ競売になるのだから放っておこう」

と考える前に、まずは任意売却を検討してみて下さい。

最悪の場合は、自己破産という手もありますが、社会的に立ち直るのが大変になるため、できることなら任意売却で新生活をやり直す方をおすすめします。

任意売却専門の不動産業者はこちら

なお、債務整理や自己破産の詳細については、弁護士や司法書士へご相談ください。


【おすすめ記事一覧】
任意売却を行う前に読んでおくべき記事をまとめました。ご一読ください。

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事