任意売却後の生活1

こんにちは、管理人のサトウです。

このページでは、戸建てやマンションなどのマイホームを任意売却した後の生活はどのようなものなのかについてまとめてあります。

収入の減少や教育費などによる支出増加が理由で、住宅ローンの返済が厳しい場合、市場価格や相場に近い金額での売却が期待できる「任意売却」でマイホームを手放そうと考える方も多いと思います。

任意売却でマイホームを処分した後の生活はどうなのるか心配だと思いますので、任意売却を検討されている方は是非一読してみて下さい。

任意売却後の住宅ローンはどうなる?

任意売却後の生活2

マイホームを任意売却することで、住宅ローンの借金自体が無くなると考えている方もいますが、ほとんどの方の場合、借金は、ゼロになりません。

任意売却による売却代金が、住宅ローン残債(ざんさい)より高いか低いかで、2つのパターンが考えられます。

任意売却後の住宅ローンのパターン
オーバーローン
売却代金 < 住宅ローン残債
アンダーローン
売却代金 ≧ 住宅ローン残債

オーバーローン

マイホームの売却代金が住宅ローン残債よりも下回る場合のことをオーバーローンと言います。

通常、住宅の価値は年数とともに下がっていくため、マイホームの売却価格が住宅ローン残債を超えることはまずありません。ほとんどの方がオーバーローンとなります。

例えば、住宅ローン残債が2,000万円で、任意売却による売却価格が1,500万円の場合、

2000ー1500=500 (万円)

となりますので、500万円がオーバーローンとなります。

任意売却を検討されている方で、任意売却によって、住宅ローン残債が無くなり、借金が無くなくなるものだと考えていることが多いですが、オーバーローン部分の500万円が債務(さいむ)として残ります。

この残った債務は、債権者に返済しなければなりません。

アンダーローン

マイホームの売却代金が住宅ローン残債よりも上まわる場合のことをアンダーローンと言います。

近隣の不動産開発、人気エリアなど、さまざまな理由で、マイホームの価値がそれほど下がらない場合もあります。

特に、都心部ではマンションの価格が高騰していることもあり、購入額よりも高く売却できることも多くなってきています。

大体の価格を知りたい場合は無料の査定サービスなどで知ることができるので、まずは価格をチェックしてみることをおすすめします。

一括査定サービスはこちら

もちろん、アンダーローンの場合は、住宅ローン残債を完済でき、しかも余剰金があれば新生活のための資金とすることができます。

 

★管理人サトウからのワンポイントアドバイス★

住宅ローンの返済が厳しいなと感じたとき、早めにマイホームの価値を調べておきましょう!

当サイトでは、無料で利用できる不動産一括査定サービスの調査も行っていますので、こちらのサービスも参考にしてみて下さい。

一括査定サービスはこちら

債務の返済はどうする?

任意売却後の生活3

オーバーローンによって残ってしまった債務は、債権者(お金を貸している側)に返済しなければなりません。

ですが、住宅ローンの返済が困難となり、任意売却に至っているので、残った債務の返済を一括で行なえるという方はほとんどいません。

そこは債権者も承知しているので、場合によっては、「給料の差押え」をされてしまうこともあります。

その一方、債務者(お金を借りている側)の無理のない範囲で返済を行えるよう、毎月の分割払いや、債務の減額に応じてくれる場合もあります。

債権者としては、出来る限り満額で回収したいと考えていますが、返済が確実ではない債権(ローン)を手間と時間をかけて、いつまでも追いかけてはいられないといった事情からです。

そのため、債務者の資産や生活状況、返済能力を考慮し、債権回収が現実的に可能な方法、金額で折り合いをつけるといった判断をします。

 

任意売却後、オーバーローンになってしまう場合には、ご自身の判断だけで、債務整理するのはなかなか難しいのが現状です。

返済の為の交渉や分割案の提案、場合によっては自己破産を視野に入れなければなりません。

そのため、ベストな方法にて債務整理を行うためには、法律の専門家(弁護士など)や、任意売却の支援団体に相談するのが望ましいです。

法律の専門家に依頼する債務整理の種類としては、次の3つがあり、一番下の自己破産が最終的な整理方法です。

 

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

 

「自己破産」するかどうかを選択する債務額のボーダー金額は、500万円です。

それぞれの状況によってそのボーダー金額は異なってきますが、任意売却後も出費(家賃や子供の教育資金など)が多いという場合は、自己破産を選択する傾向にあります。

 

★管理人サトウからのワンポイントアドバイス★

任意売却を考え始めた時点で、法律の専門家(弁護士、司法書士)、任意売却の支援団体(一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会など)に相談することをオススメします。

任意売却後の生活はどんな感じ?

任意売却後の生活4

債務整理の方法として、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3つがありますが、どうしても自己破産だけは避けたいという事情がある人以外は、自己破産を選択する傾向にあります。

もちろん、3つの方法にはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。

 

自己破産の最大のメリットは、『すべての債務の支払い義務が免除となる』ことです

自己破産の手続き開始後から、すべての債権者(金融機関など)の取り立てが停止し、給料の差し押さえなどされていた場合、その強制執行は停止されます。

任意売却後に、債務が残っていれば返済しなければならず、その精神的苦痛は計り知れません。この精神的苦痛から解放されたいがために、債務の金額によらず、自己破産を選択される方も少なくありません。

一方、自己破産のデメリットは、以下のことが挙げられます。

 

  • 個人信用情報機関に登録される(登録機関中は、新規借入が不可)
  • 財産を全て手放す
  • 官報(国が発行する機関紙)に掲載

 

こうしてあらためてデメリットを見てみると、一番気になるのは、個人信用情報機関に登録されてしまうことだと思います。個人信用情報機関、いわゆる「ブラックリスト」に登録され、クレジットカードが作れなかったり、新たなローンを組んだりすることが、10年近く出来なくなくなります。

それ以外は、戸籍や住民票に自己破産した旨が記載されることはありませんし、職場にも知られることはありませんので、実生活に大きな影響があるかというと、それほどでもないというのが実情のようです。

 

自己破産というと、悪い印象がありますが、自己破産は「破産法」という法律で守られている権利です。

そのため、自己破産によって、すべての債務をリセットし、一からやり直すことができますので、本当に苦しいという場合は、選択肢として検討してみるのも一つの方法かもしれません。

まとめ

任意売却後の債務、任意売却後の生活はどのようなものなのかについて紹介しました。

住宅ローンの支払いを滞らせ、そのまま放置すると約1年で競売となります。

そのため、支払いが厳しくなるかもと感じたら、任意売却後の生活のことも考え、借入先の金融機関をはじめ、法律の専門家、任意売却の相談支援を行っている団体に相談することをオススメします。

 

任意売却したくても任意売却できないケースもあります。任意売却できないケースについては、別記事にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

任意売却できないケースはどんなとき?売れなかったらどうなるの?

最後に、任意売却の専門業者を紹介しておきます。

 

 

  1. 全国個人再生支援機構 

    任意売却実績 5.0
    債権者との交渉力 5.0
    売却後のサポート 5.0

    全国個人再生支援機構は、任意売却の解決実績が2000件以上もある、全国対応の任意売却に特化した不動産業者です。

    もちろんでの利用も可能です。

    金融機関や債権者との交渉力が高く、住宅ローン滞納・不動産の売却・競売回避・その他の借金のお悩みまで対応してくれます。

    また、弁護士への相談も無料となっており、住宅ローン以外の借金についてもサポートもしてくれます。

    さらに、金融機関との交渉により依頼者の引っ越し費用などの捻出も行ってくれます。

    相談は24時間対応で、何度でも完全無料となっています。

    なるべく高い金額での売却をモットーとしており、売却後の新しい部屋探しまでサポートしてくれるため、安心して任せることが出来ます。

    相談依頼は、ホームページから住所などを入力するだけなので、2分程度で完了します。

    全国個人再生支援機構の公式サイトはこちら

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事