任意売却仲介手数料01

こんにちは、管理人のサトウです。

このページでは、戸建てやマンションなどのマイホームを任意売却する際にかかる仲介手数料はいくらなのか、どのように支払ったらいいのかについてまとめてあります。

不動産売買において、不動産会社に仲介を依頼した場合、成約時に仲介手数料が必要になります。

住宅ローンを支払うことが出来なくなって任意売却する際、仲介手数料はいくらくらい必要なのか、どのように支払うのか気になる方も多いと思いますので、任意売却を検討されている方は是非一読してみて下さい。

任意売却の仲介手数料っていくら?

任意売却仲介手数料02

通常、戸建やマンションなどのマイホームを売却する場合、不動産会社に仲介してもらうことが一般的で、売却が決まった際には、不動産会社に「仲介手数料」を支払います。

任意売却の場合にも仲介手数料は「必要」となり、金額は、通常の売却方法と同じです。

この仲介手数料の金額は、「宅地建物取引業法 第46条」にて上限が定められており、一般的に、次の計算式(速算法)で算出されます。

 

仲介手数料(上限) = 売却価格 × 3% + 6万円 + 消費税

 

不動産の売却価格に対する仲介手数料(上限)について、下表にまとめましたので参考にしてみて下さい。

仲介手数料
売却価格 消費税(8%時) 消費税(10%時)
1000万円
38万8,800円
39万6,000円
2000万円
71万2,800円
72万6,000円
3000万円
103万6,800円
105万6,000円
4000万円
136万 800円
138万6,000円
5000万円
168万4,800円
171万6,000円

 

金額を見て、『仲介手数料って高いっ!』と思った方も多いのではないでしょうか。

仲介手数料の計算式の「3%」の部分は3%を上限、「6万円」の部分は6万円を上限とし、不動産会社が自由に設定できます。

その為、少しでも利益を出すために、ほとんどの不動産会社は、上限の3%と6万円を設定しています。

任意売却の仲介手数料ってどのように支払うの?

任意売却仲介手数料03

通常、戸建やマンションなどのマイホームを売却する場合、売主が仲介手数料をはじめ必要な費用を準備します。

しかし、任意売却を検討されている方の場合、住宅ローンの支払いが滞っている状況なので、多くの方は自己資金もなく、仲介手数料を準備することは難しい状況であると思います。

 

その為、任意売却の場合、仲介手数料は、売却時に得られた売却価格から差し引かれる方法がとられています。

そして売却価格から仲介手数料が差し引かれた残額が、住宅ローン残債の返済金に充てられます。

 

例えば、以下のような場合、債務はいくらになるのかを計算してみましょう。

 

  1. 住宅ローン残債:1,500万円
  2. 売却価格:1,000万円
  3. 仲介手数料:38万8,800円

 

売却価格(1,000万円) - 仲介手数料(38万8,800円) = 返済金(961万1,200円)

住宅ローン残債(1,500万円) - 返済金(961万1,200円) = 債務(538万8,800円)

 

このように、任意売却の場合、 仲介手数料は、別途準備する必要はありませんが、その分債務が増えるということです。

決して、仲介手数料が「無料」になるわけではありませんし、「負担がない」わけではないので誤解しないようにしましょう!

 

債務の整理方法については、別記事にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

まとめ

戸建てやマンションなどのマイホームを任意売却する際にかかる仲介手数料はいくらなのか、どのように支払ったらいいのかについて紹介しました。

任意売却の際の仲介手数料は、「0円」だとか、「負担なし」という表記がされている場合もありますが、決して「無料」でもありませんし「負担がない」わけではありません。

正しい表現としては、『仲介手数料を事前に準備する必要はありません』となることに注意しましょう!

 

また、任意売却したくても任意売却できないケースもあります。任意売却できないケースについては、別記事にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

 

 

一般的に、不動産を少しでも高く売却するには、任意売却ではなく、通常の方法で売却するのがベストです。

不動産を少しでも高く売るための第一歩として、マイホームの価値(価格)を知っておく必要があり、不動産の価値を精度よく知るためには、複数の不動産業者から査定をしてもらうのが手っ取り早いです。

当サイトでは、無料で利用できる不動産一括査定サービスの調査も行っていますので、こちらのサービスも参考にしてみて下さい。

 

一括査定サービスはこちら

 

 

最後に、任意売却の専門業者を紹介しておきます。

 

  1. 全国個人再生支援機構 

    任意売却実績 5.0
    債権者との交渉力 5.0
    売却後のサポート 5.0

    全国個人再生支援機構は、任意売却の解決実績が2000件以上もある、全国対応の任意売却に特化した不動産業者です。

    金融機関や債権者との交渉力が高く、住宅ローン滞納・不動産の売却・競売回避・その他の借金のお悩みまで対応してくれます。

    また、弁護士への相談も無料となっており、住宅ローン以外の借金についてもサポートもしてくれます。

    さらに、金融機関との交渉により依頼者の引っ越し費用などの捻出も行ってくれます。

    相談は24時間対応で、何度でも完全無料となっています。

    なるべく高い金額での売却をモットーとしており、売却後の新しい部屋探しまでサポートしてくれるため、安心して任せることが出来ます。

    相談依頼は、ホームページから住所などを入力するだけなので、2分程度で完了します。

    全国個人再生支援機構の公式サイトはこちら

任意売却を専門で扱う不動産業者の紹介は以上です。

任意売却は生活を再建するための仕組みです。無理な住宅ローンの支払いから解放されるため、精神的な負担が減り、いつも通りの生活を取り戻すことが出来るようになります。

もし、住宅ローンの他にも借金がある場合は、住宅ローンの残債と合わせて債務整理をすることで、債務の圧縮を行うことも可能です。

一人で悩まずに、悩みや不安を聞いてもらうことから始めるのが、現状を変えるきっかけとなるかと思います。

任意売却の無料相談(全国個人再生支援機構)

【任意売却のおすすめ記事一覧】 

【任意売却の基礎知識】

【任意売却のメリット・デメリット】

【任意売却の疑問など】

【任意売却物件の購入】

関連記事