任意売却デメリットブラックリスト01
こんにちは、管理人のサトウです。

このページでは、戸建てやマンションなどのマイホームを任意売却する際のデメリットはどのようなものがあるのか、ブラックリストに載ったらどうなるのかについてまとめてあります。

住宅ローンの返済が滞った場合、その多くの方は、任意売却もしくは競売にてマイホームを手放す状況になります。

任意売却を利用する場合のデメリットや、任意売却をすることによってブラックリストに載ってしまう不安もあるかと思いますので、任意売却を検討されている方は是非一読してみて下さい。

任意売却を利用する場合のデメリットとは?

任意売却デメリットブラックリスト02

リストラなどによって収入が減ったり、親の介護や子どもの教育費などが増加したりで、住宅ローンの支払いの目途が立たない場合、マイホームの売却を検討されると思います。

しかし、住宅ローンを利用している場合の多くは、その不動産に「抵当権」が設定されていて、抵当権の設定を解除しなければ不動産の売却は出来ません。

抵当権の設定を解除するには、住宅ローンを完済する必要があります。

しかし、毎月の住宅ローンの支払いが困難な状況にあるのですから、住宅ローンを完済するなんていうことはかなり難しいはずです。

 

しかし、任意売却を利用すれば、『住宅ローンの残りの一部を返済することによって、抵当権の設定を解除し、マイホームを売却することが可能』となります。

住宅ローンの支払いを行わずに滞らせてしまうと、競売にかけられ、市場相場の半値に近い金額で売却されてしまうことにもなりかねません。

 

任意売却を利用する場合のメリットとデメリットについて簡単にまとめました。

任意売却のメリット・デメリット
メリット
  • 市場相場に近い価格で売却可能(競売より高く売却可能)
  • 周囲に事情を知られずに売却可能
  • 売主の意志で売却可能
  • 仲介手数料を事前に準備しなくてもよい
  • 場合によって賃貸として住み続けることも可能
デメリット
  • 債権者(借入先の金融機関、保証会社など)の同意が必要
  • 連帯保証人、連帯債務者の承諾が必要
  • 住宅ローンの滞納を数か月(3カ月以上)する必要がある
    ⇒この結果、個人信用情報機関に登録される可能性が高まる
  • 短期間で売却しなければならない(競売にかけられる期間まで)

任意売却のメリット

任意売却は競売と異なり、通常の売却方法と同様に売却することが可能なので、市場相場に近い金額で売却することが可能です。

また、不動産を売却する際に必要な仲介手数料を事前に準備することはありません。

なぜ、仲介手数料を準備しなくてもいいのかは、別記事にて詳細を記載していますので参考にしてみて下さい。

任意売却のデメリット

任意売却を利用する場合の必須条件は、債権者をはじめ連帯保証人などの同意、承諾を得ることです。

任意売却にてマイホームを売却しても、オーバーローンによって、債務が残ってしまうことがほとんどです。そのため、残る債務の金額によっては債権者が任意売却を認めないこともあります。

また、連帯保証人がいる場合、任意売却を行うことに対し、承諾が必要になります。連帯保証人が任意売却することを認めてくれなかったり、住宅ローンの残債を債務者の代わりに返済することになった場合には、債務者が任意売却したくても任意売却することができません。

任意売却債権者及び連帯保証人の承諾については、別記事にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

 

そして、任意売却を認めてもらうには、住宅ローンを数か月滞納しなければなりません。3カ月以上滞納すると、個人信用情報機関に「延滞記録」が登録される可能性が高まります。

個人信用情報機関に登録されるということは、俗にいうブラックリストに載るということです。

ブラックリストに載ったらどうなるのかは、以下にて解説します。

任意売却によってブラックリストに載ったらどうなるの?

任意売却デメリットブラックリスト03

任意売却を利用したらブラックリストに載ると言われることが多いです。

しかし、正確には、任意売却を利用したからブラックリストに載ってしまうのではなく、住宅ローンを数か月滞納したからブラックリストに載るのです。

 

ブラックリストと呼ばれる個人信用情報機関には、加盟している業者(銀行、保証会社、クレジット会社、消費者金融など)から提供されるローンやクレジットの債務や返済状況などの履歴が分かる債務者情報が登録されています。

個人信用情報機関は、3つあり、それぞれが独立していますが、債務者情報が共有されています。

 

では、ブラックリストに載るとどうなってしまうのか。

ブラックリストに載ってしまうと、

 

  • クレジットカードが作れない
  • ローンを組めない(お金を借りられない)

 

といった影響がでます。

ブラックリストに載った理由によって、期間は異なりますが、5~10年程度は、クレジットカードを新規に作れず、借入金の審査が通らなくなってしまうのです。

 

では、今現在、使用しているクレジットカードの利用はどうなってしまうのか、不安に思われる方も多いかと思います。

使用しているクレジットカードの利用については、クレジットカード会社によって対応は異なります。

支払を滞納していないのであれば、これまで通り問題なく使用できるというケースが多いですが、クレジット会社によっては、利用限度額の上限を下げられたり、更新時に審査が通らず使用できなくなったりする場合もあります。

いずれにしてもブラックリストに載っていますので、今後一度でもクレジット利用にて延滞を行ってしまうと、すぐにでも使用できなくなる可能性が非常に高いので注意して下さい。

 

また、勘違いされている方も多いのですが、ブラックリストに載っても、周囲をはじめ職場などに、このことが知られることはありませんので安心して下さい。

まとめ

戸建てやマンションなどのマイホームを任意売却する際のデメリットはどのようなものがあるのか、ブラックリストに載ったらどうなるのかについて紹介しました。

住宅ローンの支払いが困難になり、そのまま放置してしまうと競売にかけられてしまうことになります。そのため、任意売却を利用し、少しでも高くマイホームを売却することが、債務を減らすことに繋がります。

任意売却にはメリットだけでなく、ブラックリストに載ってしまうというデメリットもありますので、メリット・デメリットを理解した上で、利用するようにしましょう!

 

一般的に、不動産を少しでも高く売却するには、任意売却ではなく、通常の方法で売却するのがベストです。

不動産を少しでも高く売るための第一歩として、マイホームの価値(価格)を知っておく必要があり、不動産の価値を精度よく知るためには、複数の不動産業者から査定をしてもらうのが手っ取り早いです。

当サイトでは、無料で利用できる不動産一括査定サービスの調査も行っていますので、こちらのサービスも参考にしてみて下さい。

 

一括査定サービスはこちら

 

 

最後に、任意売却の専門業者を紹介しておきます。

 

  1. 全国個人再生支援機構 

    任意売却実績 5.0
    債権者との交渉力 5.0
    売却後のサポート 5.0

    全国個人再生支援機構は、任意売却の解決実績が2000件以上もある、全国対応の任意売却に特化した不動産業者です。

    金融機関や債権者との交渉力が高く、住宅ローン滞納・不動産の売却・競売回避・その他の借金のお悩みまで対応してくれます。

    また、弁護士への相談も無料となっており、住宅ローン以外の借金についてもサポートもしてくれます。

    さらに、金融機関との交渉により依頼者の引っ越し費用などの捻出も行ってくれます。

    相談は24時間対応で、何度でも完全無料となっています。

    なるべく高い金額での売却をモットーとしており、売却後の新しい部屋探しまでサポートしてくれるため、安心して任せることが出来ます。

    相談依頼は、ホームページから住所などを入力するだけなので、2分程度で完了します。

    全国個人再生支援機構の公式サイトはこちら

任意売却を専門で扱う不動産業者の紹介は以上です。

任意売却は生活を再建するための仕組みです。無理な住宅ローンの支払いから解放されるため、精神的な負担が減り、いつも通りの生活を取り戻すことが出来るようになります。

もし、住宅ローンの他にも借金がある場合は、住宅ローンの残債と合わせて債務整理をすることで、債務の圧縮を行うことも可能です。

一人で悩まずに、悩みや不安を聞いてもらうことから始めるのが、現状を変えるきっかけとなるかと思います。

任意売却の無料相談(全国個人再生支援機構)

【任意売却のおすすめ記事一覧】 

【任意売却の基礎知識】

関連記事