【売却体験談】諦めず、妥協せず、農地の高値売却を実現

こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、土地を売却された方の体験談です。地元に強い不動産会社を選び、妥協せずにじっくりと待った結果、高値売却が実現したようですね。

私は50歳の男性で、会社員です。大阪に住んでいます。

脱サラ開業のため、親から引き継いだ農地を売却

先日、親から相続した土地を売却しました。500平米位の農地です。それを2500万円で売却しました。

土地を売ろうと思った理由としては、脱サラをして新しい事業をしたいからです。長年勤務した会社ではコンピューターのソフト開発の仕事をしてきました。

そのノウハウを活かして、自分なりの会社を立ち上げたいと考えています。

そのためには資金が必要です。さいわい、親が残してくれた土地があり、それを売却して得たお金で、新しい事業を展開する予定です。

地元に強い不動産業者で、高値売却を狙う

売却をお願いした不動産業者は、地元に強い会社を選びました。その土地の特性をよくわかっていて、高値で売ってもらえると思ったからです。実際に、思っていた価格よりも少し上乗せした価格で売却できたので、満足しています。

売る前に迷ったのは、売値をどうするか、です。その界隈の土地の相場を自分なりに調べました。不動産業者に一任するのではなくて、自分でも調べて、納得したかったからです。ですから、自分の考えを素直に不動産業者にも伝えました。

焦って売ることはしないとまず言いました。納得のできる価格でないと売りたくないとも言いました。妥協はしたくなかったからです。せっかく親から相続した土地を安く売り払いたくはありませんから。

じっくり半年ほど時間をかけて考えてから、売値を決定しました。時間をかけることは重要だったと今でも思います。早く独立したいという気持ちもありましたが。買い手はすぐにはつきませんでした。

売値には妥協しない。諦めないのが大切

売りだして、最初は何人かの反応がありました。しかし実際に見学されて、断念された方がいました。買いたいけれど、売値が高いと言う人もいました。

さらに実際に買い付けを出した方が一週間後に現れました。しかし、その人はローン審査で却下されて、買い手にはなれませんでした。土地に魅力があるから買いたいという人がいる。

ならば、じっくり待とうと心を決めました。そして一カ月後、買い手が現れました。その人は、一割減の買値を言ってきました。こちらとしては、満額での購入を希望しているので、強く出て、却下しました。

そしたら、もう一人別の人が満額で買いたいとなりました。満額ならばこちらとしては申し分ありません。すぐに不動産業者の交渉に入ってもらい、とんとん拍子で売却が決まりました。その人はキャッシュで買いました。お金を持っている人は持っているものです。

おかげで、私には事業資金が入り、今は、新しい仕事に向けての詰めの作業をしているところです。

(体験談は以上です)

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


関連記事