共働きで4000万円の住宅ローン!年収の目安や返済計画、成功のコツを解説

共働き夫婦にとって、マイホーム購入は大きな夢であり目標ですよね。しかし、4000万円という金額は決して少なく、住宅ローンの返済計画や年収の目安が気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、共働き夫婦が4000万円の住宅ローンを組む際に知っておきたい、年収の目安、返済計画の立て方、そして成功するための秘訣を詳しく解説していきます。これからマイホーム購入を検討されている共働き夫婦は、ぜひ参考にしてください。

4000万円の住宅ローンを組むための世帯年収の目安は?

まずは、4000万円の住宅ローンを組むために、どれくらいの世帯年収が必要なのか、具体的な目安を見ていきましょう。ここでは、住宅ローンの審査でよく用いられる「年収倍率」と「返済負担率」という指標から、目安となる年収を計算してみました。

年収倍率で考える目安

年収倍率とは、住宅の購入価格を世帯年収で割った数字です。一般的に、年収の5倍から8倍が目安とされています。つまり、4000万円の住宅を購入する場合、年収800万円あれば、年収倍率5倍の範囲内でローンを組むことができます。しかし、これはあくまでも目安であり、金融機関によって基準は異なります。また、年収倍率が高ければ高いほど、返済負担が大きくなるため、余裕を持った計画を立てることが重要です。

返済負担率から考える目安

返済負担率とは、年間の住宅ローンの返済額を世帯年収で割った数字です。一般的には、返済負担率が20%~25%以内であれば、無理なく返済できるとされています。例えば、年間の返済額が120万円の場合、返済負担率が20%となる世帯年収は600万円です。返済負担率は、年収倍率よりも、より生活の実情を反映した指標と言えます。年収倍率と返済負担率を合わせて検討することで、より現実的な住宅ローンの計画を立てることができます。

将来のライフプランも考慮しましょう

住宅ローンは、長期間にわたる返済が続くため、将来のライフプランも考慮することが大切です。例えば、子供が生まれた場合、教育費や生活費の支出が増加する可能性があります。また、夫婦どちらかが転職したり、病気や怪我で収入が減ったりする可能性も考えられます。住宅ローンを組む際には、こうした将来のライフプランを想定し、余裕を持った返済計画を立てることが重要です。将来のライフプランを見据えた上で、無理のない返済計画を立て、安心してマイホームライフを送ることができるようにしましょう。

共働きで4000万円の住宅ローンを組む方法

共働き夫婦の場合、夫婦それぞれの収入を合わせて住宅ローンを組むことで、単独で借りるよりも多くの金額を借り入れられる場合があります。共働きで4000万円の住宅ローンを組む方法には、主に以下の3つのパターンがあります。

単独ローン

夫婦それぞれの収入を合算せず、どちらか一方が単独で住宅ローンを組む方法です。この場合、借入金額は夫婦それぞれの収入に基づいて決まります。例えば、夫の年収が500万円、妻の年収が300万円の場合、夫が単独で住宅ローンを組むと、年収倍率5倍で考えると、2500万円まで借り入れが可能となります。単独ローンは、ペアローンや収入合算に比べて手続きがシンプルで、審査も通りやすいというメリットがあります。また、住宅ローン控除や団体信用生命保険(団信)も、契約者のみが受けられます。ただし、借入金額が限られるため、希望する住宅を購入できない可能性もあります。

ペアローン

ペアローンとは、夫婦それぞれが別々に住宅ローンを組む方法です。例えば、4000万円の住宅ローンを組む場合、夫が3000万円、妻が1000万円を借り入れるというような形になります。ペアローンは、単独で借りるよりも借入金額を増やせる点、そして、夫婦それぞれが住宅ローン控除の対象となる点がメリットです。ただし、2本の住宅ローンを組むことになるため、事務手数料や保証料などの費用が2倍かかってしまう点がデメリットです。また、どちらかの収入が減ったり、どちらかに万が一のことがあった場合、残された方はローンを1人で返済しなければならないリスクがあります。

収入合算

収入合算とは、夫婦それぞれの収入を合算して住宅ローンを組む方法です。収入合算には、主に「連帯債務」と「連帯保証」の2つのパターンがあります。連帯債務は、夫婦が共同で債務を負う方法です。連帯保証は、夫婦のうち一方が債務者となり、もう一方が連帯保証人となる方法です。収入合算は、単独で借りるよりも借入金額を増やせる点、そして、夫婦で返済計画を立てることができる点がメリットです。ただし、連帯保証の場合、保証人は団体信用生命保険に加入できないため、保証人が死亡した場合には、残された配偶者がローンの返済を引き継ぐ必要があります。また、連帯債務の場合、夫婦で住宅の所有権を共有することになるため、離婚など将来のライフプランを考慮する必要があります。

4000万円の住宅ローンを無理なく返済するためのポイント

住宅ローンは、長期間にわたって返済していく必要があるため、無理なく返済できる計画を立てることが大切です。ここでは、4000万円の住宅ローンを無理なく返済するためのポイントを3つご紹介します。

頭金を増やす

頭金を増やすことで、住宅ローンの借入金額を減らすことができます。借入金額が少なければ、毎月の返済額も減り、返済負担が軽減されます。また、頭金を増やすことで、金利負担も減らすことができます。頭金は、住宅購入価格の2割程度が目安ですが、余裕があれば、もっと多く用意することも可能です。頭金を増やすことで、住宅ローンの返済がよりスムーズになります。

繰り上げ返済を活用する

繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別に、まとまった金額を住宅ローンの元金に充てることです。繰り上げ返済によって、借入元金を減らすことができます。借入元金が減れば、その後の利息負担も減り、返済総額を減らすことができます。また、繰り上げ返済によって返済期間を短縮することも可能です。繰上返済は、返済負担を軽減し、将来の資金計画に余裕をもたらす効果があります。

住宅ローン控除を受ける

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、一定期間、所得税から一定の金額が控除される制度です。住宅ローン控除を受けるためには、条件を満たす必要があります。条件としては、住宅の種類、購入時期、居住期間などが挙げられます。住宅ローン控除を利用することで、税金が減り、手取り収入が増加します。手取り収入が増えれば、住宅ローンの返済に充てることができる金額も増え、返済負担を軽減することができます。

共働きならではの住宅ローン成功の秘訣

共働き夫婦は、それぞれの収入を合わせ、単独では難しい高額な住宅ローンを組むことができます。しかし、共働きだからこそ、注意すべき点もいくつかあります。共働きで住宅ローンを成功させるための秘訣を3つ紹介します。

夫婦でしっかりと話し合う

住宅ローンの返済計画は、夫婦でしっかりと話し合い、納得のいく内容で決めることが大切です。例えば、将来のライフプラン、収入の見通し、支出の計画などを話し合い、お互いの考えを理解し合った上で、住宅ローンの返済計画を立てましょう。また、住宅購入後に生活費が苦しくならないよう、余裕を持った計画を立てることが重要です。

将来のライフプランを見据える

住宅ローンは、長期間にわたる返済が続きます。そのため、将来のライフプランを考慮することが重要です。例えば、子供が生まれた場合、教育費や生活費の支出が増加する可能性があります。また、夫婦どちらかが転職したり、病気や怪我で収入が減ったりする可能性も考えられます。将来のライフプランを想定し、余裕を持った返済計画を立てましょう。

余裕を持った計画を立てる

住宅ローンの返済計画は、余裕を持った計画を立てることが大切です。例えば、毎月の返済額が、世帯収入の20%~25%以内に収まるようにしましょう。また、頭金を貯めたり、繰り上げ返済をしたりするなど、返済負担を軽減するための方法も検討しましょう。余裕を持った計画を立てることで、安心してマイホームライフを送ることができます。

まとめ

共働きで4000万円の住宅ローンを組むことは、決して簡単なことではありません。しかし、年収の目安や返済計画をしっかりと立て、夫婦で協力し合えば、夢のマイホームを実現することができます。この記事で紹介した内容を参考に、夫婦でしっかりと話し合い、将来のライフプランを見据えた上で、無理のない返済計画を立てていきましょう。そして、安心してマイホームライフを楽しんでください。