不動産購入の物件情報サイト13選!新築・中古の一戸建てからマンションまで勢ぞろい
こんにちは。管理人のサトウです。

自分の希望に合った物件を見つけるには、どうしても物件情報を多く集めなければなりません。

そこで今回は、不動産購入を考えている方におすすめの物件情報サイトをまとめてみました。

超有名サイトからマイナーだけど掘り出し物が見つかるサイトまでまとめてみました。

新築・中古の物件を探しているのであれば、一戸建て住宅からマンションまで幅広く検索できるのでおすすめです。

おすすめ物件情報サイトまとめ

スーモ

スーモ
>>スーモの公式サイトを見る

リクルートが運営する不動産情報サイト。物件探しの定番サイトです。テレビCMなどでも頻繁に目にする機会がありますよね。物件数も多いですし、シンプルなサイト構成になっているため物件が探しやすいです。

ホームズ

ホームズ
>>ホームズの公式サイトを見る

こちらも物件を探す際の定番サイトです。このサイトもテレビCMなどで頻繁に目にする機会があると思います。物件数も多く検索条件なども入力しやすいのでおすすめです。定番サイトなのでチェックしておきましょう。

ひかリノベ

ひかリノベ
>>ひかリノベの公式サイトを見る

関東限定になってしまいますが個人的に一押しなのがココ。オシャレで自分の理想にあった住まいを探すなら無料なので資料請求だけでもしておくことをおすすめします。中古物件をリノベーションするので費用も安く抑えられます。

サル―スリビング

サル―スリビング
>>サル―スリビングの公式サイトを見る

都内でも人気の東急線沿線だけを扱う東急リバブルの物件検索サイトです。人気の路線別に検索することができるので、憧れの立地で物件を探せます。条件に合う物件があったら資料請求してみましょう。

エイムハウス

エイムハウス
>>エイムハウスの公式サイトを見る

こちらも都内限定で使えるサイトです。土地と一戸建て住宅のみですが、都内でも人気の高い目黒区・世田谷区・品川区・渋谷区・港区・大田区に特化した物件情報を扱っています。メンバーだけしか見れない情報もありますので登録だけでもしておくとよいでしょう。

カウル

カウル
>>カウルの公式サイトを見る

カウルは仲介手数料無料の中古マンション売買サービスです。通常物件価格の3%かかる仲介手数料が最大無料になるので百万円以上のコストダウンも可能です。登録は無料ですのでチェックしてみて下さい。

ヤフー不動産

ヤフー不動産
>>ヤフー不動産の公式サイトを見る

情報量が多いサイトと言えば、ヤフー不動産ですね。物件数も多いですし、立地条件だけでなく免震構造かどうか?などの検索もできるのが魅力です。スーモとホームズを使うならそれほど必要ないかもしれません。

Goo住宅・不動産

goo不動産
>>Goo住宅・不動産の公式サイトを見る

NTTレゾナント運営の不動産総合サイトです。個人的にはヤフー不動産に似ている印象がありますね。数も多いですし、検索機能も充実していますのでチェックしておくとよいでしょう。

アットホーム

アットホーム
>>アットホームの公式サイトを見る

アットホームも物件情報サイトとしては有名ですよね。5万店を超える不動産会社が加盟しているサイトです。物件数も多いですから定期的にチェックしておくのも良いと思います。

スモッカ

スモッカ
>>スモッカの公式サイトを見る

スモッカも物件数の多いサイトです。他のサイトに比べて検索しやすいと思いますが、やはりメインはスーモやホームズを使い時間のある時にチェックする感じで使うことになると思います。

@nifty不動産

@nifty不動産
>>@nifty不動産の公式サイトを見る

ニフティが運営する不動産物件サイトです。これまで紹介してきたスーモやホームズをはじめ複数のサイト情報を一括して扱っているので便利ですが、数が多すぎてやや絞りきるのが難しい印象があります。

スマイティ

スマイティ
>>スマイティの公式サイトを見る

スマイティは大手賃貸サイトの情報をまとめて検索できるサイトです。正直、あまり使ったことが無いので詳しく紹介することが出来ませんが、ちょっと使ってみた感じだと分かりやすいと思います。

ホームメイト

ホームメイト
>>ホームメイトの公式サイトを見る

こちらも広告でよく見かけるサイトですよね。見た目が明るいサイトで検索しやすいのが特徴です。鉄道沿線などから検索できるだけでなく、不動産会社から検索することもできます。

物件の探し方について

物件の探し方
これ以外にも物件情報サイトは複数あるのですが、あまりありすぎても困ると思いますので、とりあえずは、私がお勧めできるサイトだけを紹介させてもらいました。

物件情報サイトは大きく分けると2種類あります。

スーモやホームズなどに代表されるような日本全国の情報を集めた情報サイトと、ひかリノベやエイムハウスなどのような自社物件だけを紹介するタイプのサイトです。

どちらが良いというわけではなく、それぞれの特徴を理解して使うと物件探しが楽になるのです。

総合物件情報サイトの特徴

スーモやホームズに代表されるような全国の不動産情報を扱うサイトで、今回紹介したサイトのほとんどはこちらに分類されます。

多くの場合は不動産会社ではなく、リクルートやヤフーといった大きな会社が運営していて不動産の情報のみを紹介しているケースが多いです。

不動産会社が運営していないため、全国の不動産会社の情報を網羅的に扱っているので、物件の数が多く様々な条件の物件を探すことができます。

何よりも重要なのは、不動産情報の多くはサイトによって重なっている部分が多いため、すべての物件情報サイトを見る必要はないということです。別の情報サイトにも同じ物件情報が掲載されている場合がかなり多くあります。

ですから、スーモやホームズなど有名なサイトを2つか3つくらいを見るようにして、ほかの物件情報サイトは時間があるときに検索してみる程度でよいと思います。

特化型物件情報サイトの特徴

ひかリノベやエイムハウスなど不動産屋さんが運営しているようなタイプの物件情報サイトがこちらです。

東急リバブルが運営しているサル―スリビングもこっちのタイプですね。

このタイプのサイトは不動産屋さんが自分のところで持っている物件をメインに掲載していますので、地域によってさまざまな物件情報サイトがあります。

こちらのタイプの物件情報サイトには、上記で紹介した総合物件情報サイトでは取り扱いのない物件も多く掲載してあります。

特に、人気になりそうな物件は会員登録した人だけにしか見せないケースが多いため、希望の地区の物件を扱っているサイトを見つけたら無料登録だけでもしておくと良いでしょう。

まとめ

不動産サイトまとめ

不動産の購入は情報量が重要です。

自分の希望に合った物件情報がすぐに見つかるときもあれば、ぜんぜん見つからないときもあります。

高い買い物ですから、腰を据えてゆっくり探すようにしましょう。

よさそうな物件が見つかっても、悩んでいるうちに他の人が買ってしまったということもよくありますが、後悔するのではなく「その物件とは縁がなかったんだな」と考えて、焦らずに自分の求める物件を選ぶようにしましょう。

関連記事