相続した土地を売却
こんにちは管理人のサトウです。

今回は長野県千曲市で土地を売却された方の体験談です。

固定資産税が払えないため土地を売却しました

私は70歳の男性で長野県千曲市に住んでおります。

千曲市にある土地を売却しました。

私は亡き父から相続した宅地1200坪を売却しました。この土地は代々受け継いできた土地で、父はこの土地で生前製造業をしていましたが、今から20年前位に廃業して土地と建物を商事会社へ貸していました。

その土地も今から3年くらい前に借りていた人から返されてしまいその後の借り手は現れませんでした。

いくら田舎でも借りてくれる人がいないと固定資産税が払えないため、売却を真剣に考えました。

宅地として分譲したい不動産業者が現れた

多くの不動産屋さんへ声をかけたところ、安かったら買っても良いと言う不動産屋さんが現れました。

宅地分譲すると言うのです。

幸いこの土地は抵当等はありませんでしたので価格だけの問題でした。

価格は不動産屋さんが坪12万円なら買っても良いと言いました。

私は安いなと思いましたが固定資産税の事を考えると売った方が良いと考えました。

しかし不動産屋さんがこの土地は600坪以上あるので大規模開発の知事許可を受ければならない、その代り譲渡所得にかかる税が5%安くなると言いました。

その手続きは不動産屋さんがしてくれると言うのでお願いしましたが、知事許可までにはかなり時間がかかりました。

売却代金は権利書と交換に銀行の支店長室で、税理士さん、司法書士さんが立ち会って私の通帳を作っていただきそこに売却代金を記帳していただいて終了しました。

ご先祖さんの土地を売ってしまったので多少のお詫びの気持ちはありましたが割り切りました。

売れたはいいものの複雑な気持ちです

税金の方の手続きは税理士さんがしてくれましたが、2,000万円位の譲渡所得税を取られました。これは仕方ありません。

その他国民健康保険税も最高額になりましたが、固定資産税がこの土地に関してはなくなりましたので悩みも一つ消えました。

建物解体費は売却代金の中に入っている契約でしたが、解体している機械の音を聞くと悪いことをしているような、さびしいような複雑な気持ちでした。

その後起工式に不動産屋さんから呼んでいただき、近くの料理屋さんでおごちそうになりました。もう人のものになったと思うと酒も複雑な味でした。

(体験談は以上です)

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも、しつこい営業がないサービスを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. イエイ

    イエイ

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    イエイは、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、厳選された全国1000社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    査定価格を知りたいだけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    イエイの公式サイトはこちら


関連記事