8634387_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回はリゾート地の売却体験談です。

白馬は外国人に人気がある

私は神奈川県内に住む53歳のサラリーマンです。
3年ほど前の50歳の頃に、長野県の北安曇郡白馬村のリゾート土地の物件を、理由があって売却しました。

長野県の白馬村といえば御存知のように長野県の北部地域にあってスキーや避暑地、山岳地、温泉があるところとして人気のあるエリアです。特に、白馬観光のデータによると、現在の白馬村は国内の観光客が横ばいなのに対して、近年、外国人観光客が非常に増加しています。

特に大きく増加したのはオーストラリア人です。その増加している要因としてはオーストラリアの夏場に、時差なくスキーが楽しめることのほか、北海道のニセコ地方と同様に、雪質が優れていることがあげられるとされています。

白馬村はかつての長野オリンピック開催の影響を受け、ナガノやハクバという名称としても外国人には知られ、其の知名度があるのも有力な要因とも言われているそうです。最近では更にスノ-ボードの人気や白馬村出身のオリンピック選手も出場するなど、スキーの別荘やリゾート地としても人気の有る所です。

とても利便性の高い土地物件

そんな白馬村の物件の立地は旧国道の塩の道にも面していて、イオン系のスーパー(ザ・ビッグ)も歩いて3,4分のところにあり、別荘地としても普段の生活の場としても使用できる大変便利な所です。

この土地を買ったのは、スキーや山好きな小生の家族がセカンドハウスを持ちたいということからでした。しかし、時が進むに従って、子供も大きくなって息子が大学生になり此の後の費用のことも考慮して売却に踏み切りました。

普通のサラリーマン家庭で別荘地にセカンドハウスを持つということは大変なことであり、多少なりとも無理があったようです。

買った値段よりも高くなっていた

そんな、ほぼ長方形の110坪の土地不動産を、結局は売却することになったのです。購入してから既に8年近い年数を経ていましたし、当初は坪単価8万円でしたが、売却したのは坪単価11万円ということで売却しました。

取り扱った不動産屋は購入した時の同様の不動産屋で、白馬駅前に事務所を構えている、昔からの地元の業者さんでありました。今回の件では事情を話して仲介料なしで、直接自社で購入するという形を取ってくれました。

この物件は地元では所謂、優良物件でもあり、不動産屋も謂わばお墨付きの物件でもありました。白馬村は人気のリゾート地であり、しかも、便利な場所なので直ぐにでも売却は出来るものと思ったいたようですし、既に、問い合わせなども入っているとのことでした。

時期的なデメリットを避けるためにも、直接不動産屋に売却、買い取ってもらったのは良かったです。地域の相場というものが当然有りますが、思いついて早く売却したいという願いも有りました。相場価格は当時では13から15万円ほどにもなっていたようなので、其の相場よりはかなり安く処分してしまったのは少々早まったかなとは思います。

土地売却体験談まとめ

今回はリゾート地の売却体験談でした。地方の土地価格というのは、地元の方でないとなかなか分からないものです。不動産を売却する場合は、しっかりと下調べをした上で不動産の適正価格を知っておく必用がありそうです。

(体験談は以上です)

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産の売却価格は業者によって100万円以上の差が出ることが普通です。そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります。そこで、無料で使えて、しつこい営業がない一括査定のサービスを当サイトで厳選しました。
おすすめの一括査定サービスはこちら

関連記事