住宅購入体験談
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は理想の自宅を購入するために6年もの歳月をかけた方の体験談です。

環境最悪のアパート住まい。妊娠をきっかけに自宅購入

私は40歳の主婦です。大阪府で不動産を購入しました。

結婚当初はアパートの2階に住んでいたのですが、階段が急な傾斜のため上り下りが肉体的にも精神的にも苦痛で買い物の荷物を上げるのさえも辛い思いをしました。

車道に面しておりアイドリングやたばこのポイ捨てはもちろんのことで、隣がコンビニのため夜もライトに照らされてまぶしく、夏は暑く冬は寒い環境でした。

さらには居酒屋が数件あったので酔っぱらいの客のケンカでパトカーのサイレン音で何度か目を覚ますこともありました。正直言って嫌な思い出しかありません。

2階建てにこだわり、実家近くに注文住宅を購入

そんなときに妊娠したことで不動産を買う決心をしました。最初は中古物件に絞って探していましたが改装などを考えると、結局のところ費用が全体的に新築と変わらないと考え、新築で探すことになりました。

最近は1階の部分が駐車場になっている物件が多く新築は3階建がメジャーですが、2階建てにこだわって探しました。

何件目かの不動産業さんから空き地を紹介していただき、2階建ての住宅が注文できることと、場所的にも実家に近いことから即決しました。

注文住宅を選んだ理由は、結婚当初に選んだ家具を入れるように間取りを調整したかったことが一番大きな理由です。キッチンを広くし、子供部屋を作りたい思いもありました。

親身になってくれる不動産業者は強い味方

決してネームバリューのある不動産業者ではありませんでしたが、担当者さんに好感を持ちました。

担当者さんは、第一印象はもちろんのこと常にお客の立場にたって提案してくれる方でした。一から百まで一緒に考えてくれる方で、私たち夫婦が納得いくまで話を聞いてくれました。

今でも満足のいく買い物ができたと思っています。条件に合う物件を見つけるまでの期間は6年かかりました。一生において一度の大きな買い物をするからこそ長年をかけてやる必要性を感じました。

実際に住んでみてからは間取りが少し広かったなと思うくらいで、住み心地は快適です。夏は涼しく冬は暖かいという造りになっており本当に申し分ないです。

ローンの支払いがきつく感じることもありますが、完済できる日が楽しみです。

客間が広いので、親戚一同集まる場としても活用しています。

ただ一つ誤算だったのは電話です。電話の回線は任意のため、住民の一人の方から反対がありました。

最終的に電話線をひくまで1年近くかかりました。あとから聞いた話では町会長さんがうまく収めてくれたとのことでした。古くから住んでいる方たちのところに新築をたてる問題点を感じた一件でした。

(体験談は以上です)

関連記事