8313069_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は一戸建てを購入する予定だったご家族が最終的にマンションを購入されたという体験談です。

自分たちのニーズが「一戸建て」というものにあったのではなく、「庭」にあったということに気づいて、マンション一階の物件購入に自然と向かったようです。

自分たちの求めているものが何なのかに気が付くと、必用なもの必用でないものが見えてきて、結果的に満足の行く自宅購入ができることにつながるようですね。

冷やかしにモデルルームに行ってみただけなのに 妻が落とされてしまうとは(汗)

私は49才の男性会社員で神奈川県在住です。
私は分譲マンションを購入したのですが、購入前は一戸建てのマイホームを購入する予定で地元の不動産業者さんと中古物件を含み分譲地を多数見学しておりました。

いまから12年前にマンションを購入したのですが、当時は新築マンションの建設ラッシュでもあり、通勤圏内にも2棟を建設していることも情報としては知っていたのですが、やはり「庭付き一戸建」を購入すると固定観念がありマンションには興味はありませんでした。

当時は「住宅特別減税」なるものが存在しH15年3月までに住居えお購入し住民票を取得すれば10年間ま年末調整時に返金されるシステムでしたので、我家もその期日までには決断するつもりでした。

そんなある休日に家族で買い物に出かけ道中に新築マンションのモデルルームを発見したので、冷やかし程度で覗いてみることになりました。

妻が勝手に仮申込み こいつは馬鹿か?  と思っていたら、、、

私は興味がなかったので子ども達とキッズコーナーで遊んでいると、営業マンと話をしている妻から「パパ、今10万円もっている?」と尋ねられ「こいつは馬鹿か?」と思い私も営業マンの話を聞くことにし、クーリングオフがあるので、今支払いをしても返金されることを確認し現金で10万円を支払ったことから始まりました。

私の方が馬鹿でした  先入観は危険ですね

営業マンからいただいた資料を帰宅してから精査してみると、意外にもとてもいい物でした。私達が購入を検討した部屋は1階で4LDKです。「専用庭付」で、更に供用部分にアミューズメントがありカラオケボックスやパーティールーム、バーべキューコーナー他多数がありました。管理費もかなり安くむこともポイントとなり、次の週にはモデルルームを再訪問をして本契約をしてしまいました。

もともと「庭付一戸建て」を希望していた私には想像していなかったほどに、この新築分譲マンションは魅力に溢れていました。更に購入を予定していた一戸建てよりも1000万以上安く、且つ固定資産税にいたったは予定していた金額よりも半額以下でした。

実は「3LDKの一戸建て」よりもかなりお値打ちな「「4LDK」のマンションに惹かれたのも事実です。

ローンを組みやすいように事前に準備していたことが幸い

金銭的なやりくりとして、以前より「住宅ローン・教育ローン」の金利を安くするために給与振り込み・公共料金の引き落とし、財形貯蓄もしていたので、当時としては最低の金利での借り入れを行うことが出来ました。生活に無理のない支払いとしたかったので、ローン期間は最長の35年ローンを組みました。

ちょうど子ども達も幼稚園・小学校に入学、入園するタイミングでしたので、さほど違和感はなく特別減税の恩恵を受けることもでき今にいたります。

これから物件を検討される方へのアドバイスとしては、新居で過ごす時間が一番多い奥様が気にいった場所を優先するべきでだと思います。旦那さんは大半を会社で過ごすのですから。

そして金利を低く出来るように、給与や公共料金の支払いなどの口座をまとめるなど、ローンを組む予定の銀行に対して良い印象を持ってもらうために、購入前から準備することも出来ると思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換