住宅ローンがん保険01

癌(がん、ガン)は日本人の死亡原因第一位となっている病気です。一生のうちガンと診断される確率は「約2人に1人」という統計データもあり、ガンに対する何らかの備えを考えている人は多いのではないでしょうか。

特に住宅ローンを組む人は、多額の借入金を長期間にわたって返済していかなければならないため、ガンに備える必要性がより高いと言えます。

ガンに対する備えとしては、保険会社の「がん保険」のほか、住宅ローン借入れ時に加入する団体信用生命保険(通称:団信)のオプションとして「がん特約」をつける方法もあります。

そこで今回は、住宅ローンのがん特約とは何か、がん特約はつけた方がお得なのか、また、保険会社のがん保険とはどのような違いがあるのかなど、がん特約について詳しく解説します。

住宅ローンのがん特約とは

まず、「がん特約」とはどのような特約なのかを整理してみましょう。

がん特約の特徴

がん特約は、団体信用生命保険(通称:団信)のオプションとして任意でつけられる特約の一つです。

一般的な団信だけの場合、住宅ローン借入者が、“死亡または高度障害”になった場合のみ、住宅ローン残高が保険金で相殺されます。

そこで団信にがん特約をつけておけば、ガンになった場合も住宅ローン残高が保険金で相殺されるため、安心してガンの治療に専念できることになります。

ただし、金融機関によってがん特約の適用条件や保障内容に違いがあるという点に注意が必要です。例えば、下記のようなパターンがあります。

 

  • ガンと診断されたら、住宅ローン残高がゼロ
  • ガンと診断されたら、住宅ローン残高が半額
  • ガンと診断され一定期間継続して入院したら、住宅ローン残高がゼロ

 
また、保険料の支払い方法も金融機関によって違います。多くの金融機関では、住宅ローン金利に保険料相当(年0.1%~0.3%程度)が上乗せされますが、中にはがん特約が無料でつけられる金融機関もあります。

このほか、保障対象となるガンにも条件があり、一般的に上皮内新生物(上皮内癌)悪性黒色腫以外の皮膚癌は、がん特約の保障対象外とされています。

がん特約のメリット

がん特約の最大のメリットは、ガンになった場合に住宅ローンの支払いが免除されるという点です。

例えば、住宅ローンの残高が3,000万円の場合、その3,000万円は保険金で相殺され、支払いが免除されることになります。

 
医療の発達によりガンになっても治療をしながら仕事を続けている人が増えていますが、以前のように働けず収入が減る場合や、やむなく退職して収入がなくなる場合も多くあります。このような場合にガン特約がつけてあれば、住宅ローンを支払う必要がなくなり、安心してガンの治療に専念できます。

また、がん特約は「住宅ローン残高 = 保険金額」となるため、住宅ローン残高によっては数千万円のがん保障がつきます。

一般の保険で数千万円の保障をつけると保険料は相当高額となってしまうため、住宅ローンに特化しているという制限はあるものの、保険金額に対する保険料が安い点でがん特約はお得であると言えます。

がん特約で気を付ける3つのポイント

がん特約には、気を付けなければならない、3つのポイントがありますので、しっかりと確認してみて下さい。

 

  1. 特約に加入できるのは住宅ローン借入れ時のみ
  2. がん特約などの団信の特約は、住宅ローン借入れ時のみ加入できます。

    近年では下記のように様々なタイプの特約があり、ガン以外の疾病についてもどこまでカバーするのかをよく検討しておく必要があります。

    住宅ローンの借入れ時は様々な手続きで大変忙しい時期ですが、特約をどこまでつけるのかもしっかり検討しておきましょう!

    • がん保障
    • ガンのみが保障対象(上皮内新生物と悪性黒色腫以外の皮膚癌は対象外)

    • 3大疾病保障
    • ガン、急性心筋梗塞、脳卒中が対象

    • 7大疾病保障
    • 3大疾病 + 高血圧性、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変が対象

    • 8大疾病保障
    • 7大疾病 + 慢性膵炎が対象

    • 9大疾病保障
    • 8大疾病 + ウイルス肝炎も対象

    • 11大疾病保障
    • 8大疾病 + 大動脈瘤および解離、上皮内新生物、悪性黒色腫以外の皮膚癌も対象

  3. 途中で契約変更や解約できないことが多い
  4. 団信の特約は、途中で契約内容を変更できません。

    また、取りあえず特約をつけたものの、住宅ローンの支払いが厳しくなったので解約したいと思っても、ほとんどの金融機関では特約の解約も不可としています。

    契約変更や解約の取り扱いは各金融機関によって違うため、がん特約をつける際には、特約の内容に問題はないか、また、金利の上乗せが負担になってローン返済が厳しくなることはないかをよく確認しておきましょう。

  5. 住宅ローンが完済するとガンの保障がなくなる
  6. 団信の保険期間は住宅ローン返済中に限られているため、がん特約の保障期間も住宅ローン完済までです。

    つまり、60歳の定年を目処に住宅ローンの完済を目指していた場合、ガンの発症率が急増する60歳以上からがん特約による保障がなくなってしまうのです。

    また、がん特約が外れたタイミングで通常の保険に加入しようとしても、年齢が高いと保険料が高くなったり、保険の審査で落ちてしまったりするリスクがあるので注意しましょう。

がん特約とがん保険の違いは?

住宅ローンの「がん特約」と、保険会社の「がん保険」。

どちらもガンを保障するためのものですが、それぞれ役割や保障期間の考え方が違います。

がん特約とがん保険の役割

まず、がん特約とがん保険それぞれの役割を整理してみましょう。

種類 役割
がん特約
住宅ローンの返済をカバー
がん保険
ガンの医療費をカバー

 
「がん特約」は、あくまで住宅ローンの返済をカバーするためのものであるため、保険金は住宅ローン残高の相殺を目的として、金融機関に対し支払われます。ガンの治療に必要な費用は保障対象外であるため、自分で用意する必要があります。

一方「がん保険」は、ガンの医療費をカバーするためのものであるため、一般的にはガンと診断されたら「一時金」が支払われたり、通院・入院・抗がん剤治療等に対する保障が受けられたりします。住宅ローンの費用は保障対象外です。

がん特約とがん保険の保障期間

がん特約とがん保険は下記のとおり「保障期間」も違います。

種類 保障期間
がん特約
住宅ローン借入れ時~完済まで
がん保険
保険加入時~終身または定期

 
「がん特約」の場合、住宅ローンが完済するとガン保障もなくなります。年齢が高くなってガンになるリスクが高まる時期に、保障がなくなってしがんという点に注意が必要です。

一方、「がん保険」の場合、掛け捨ての「定期タイプ」と、積み立ての「終身タイプ」があります。ガンは一度治療が完了しても転移などにより再発するリスクが高いため、一般的には終身タイプの方が向いていると言われています。

がん特約とがん保険のどちらがお得?

前述のとおり、がん特約とがん保険はそもそもの役割や保障期間が違うため、どちらかの方がお得という考え方には当てはまりません。

最も安心なのはがん特約とがん保険の両方に加入して、住宅ローンとガン医療費の両方に対する保障をつけることですが、保障を手厚くするほど保険料の負担が増加するので注意が必要です。

 
例えば、夫がガンになっても妻の収入や貯金から住宅ローンや医療費を支払える場合は、がん特約やがん保険を付けずに団信のみで十分という考え方もあります。

逆に、夫がガンになると住宅ローンや医療費を支払えなくなることが明らかな場合は、がん特約やがん保険に加入しておいた方がよいかもしれません。

がん特約は住宅ローン借入れ時にしかつけられませんので、住宅ローン借入れ時に保障内容と保険料をしっかり確認し、自分のライフスタイルに合った特約を選びましょう。

まとめ

今回は住宅ローンのがん特約について解説しました。

がん特約は、団信のオプションとして任意でつけられる特約の一つです。一般的ながん特約は「ガンと診断されたら住宅ローン残高がゼロ」となりますが、金融機関によって適用条件や保障内容、保険料などに違いがあります。

そして最大のメリットとしては、ガンになった場合に住宅ローンの支払いが免除される点です。それに「住宅ローン残高 = 保険金額」となるため、保険金額に対する保険料が安い点でお得であると言えます。

がん特約に加入する際には、下記3つのポイントに気を付けましょう。

  1. 特約に加入できるのは住宅ローン借入れ時のみ
  2. 途中で契約変更や解約できないことが多い
  3. 住宅ローンが完済するとガンの保障がなくなる

 
また、がん特約とがん保険は役割や保障期間が違うため、どちらかの方がお得という考え方には当てはまりません。

保障を手厚くするほど安心感は増しますが、保険料の負担も増加しますので、自分のライフスタイルに合った特約を選びましょう。

 

金利・総支払額が安い住宅ローン

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

    ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

    固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

    三菱UFJ銀行


    三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

    住宅ローン契約額は日本で第1位です。

    ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

    ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

    団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

    三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


    保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

    保障が充実した住宅ローンとして人気があるのがじぶん銀行の住宅ローンです。

    変動金利・10年固定金利が最低水準ガン保障が無料で付帯するのが特長です。

    じぶん銀行


    じぶん銀行の住宅ローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、全国どこでも利用可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    最安のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

    フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

    フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料も安いのが特徴です。

    ARUHI(アルヒ)



    ARUHIはフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

    フラット35の金利が最安で、審査が非常に速い(最短当日)のがポイントです。

    保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

    借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

    35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

    金利が上昇傾向のため、選ぶ人が増えています。

    ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>じぶん銀行の公式ページ(ガン保障無料/変動・10年固定の金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35の最低金利)

地域別 金利比較ランキング

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。

★地域別 金利比較ランキング★

 
 
 
 

【住宅ローンのおすすめ記事一覧】 

【住宅ローン 都道府県別金融機関】

【住宅ローンの基礎知識】

【住宅ローンの疑問など】

関連記事