住宅ローンのシュミレーション計算

住宅ローンを検討する際、自分の年収ならいくらまで借入れ可能なのか、また、月々の返済額はどのくらいなのか、総支払額はいくらなのか、どの銀行から借りるのがお得なのかなど、事前に色々とシミュレーションしてみたいと考える人は多いのではないでしょうか。

最近はインターネットで手軽に利用できる様々な住宅ローンのシミュレーションサイトが公開されています。あまりに種類がありすぎて、どのサイトでシミュレーションしたらよいのか迷ってしまうほどです。

そこで、今回は住宅ローンのシミュレーションサイトでできることや、シミュレーションサイトの使いやすさランキングをご紹介します。

シミュレーションサイトでできることは?

サイトによって、できるシミュレーションの内容は様々です。多くのサイトでは、初めて住宅ローンを利用する人でも使いやすい簡単シミュレーションが用意されています。

さらに、借り換えや繰り上げ返済をした時にどのくらいメリットがあるのかなど、より詳細なシミュレーションができるサイトもあります。

新規借り入れの人向け簡単シミュレーションの内容

多くのサイトでは、新規借り入れの人向けに、下記①②のような簡単シミュレーションを提供しています。

 

①借入可能額のシミュレーション
・毎月の返済額から借入可能額を算出する
・年収から借入可能額を算出する

②毎月返済額のシミュレーション
・借入希望額から毎月の返済額を算出する

詳細シミュレーションの内容

詳細シミュレーションとして、下記③~⑤のようなシミュレーションができるサイトもあります。

 

③繰り上げ返済した場合のシミュレーション
④借り換えした場合のシミュレーション
⑤複数の金利や返済プランを同時に比較する

使いやすいシミュレーションサイトは?

それでは、どのようなシミュレーションサイトが使いやすいのでしょうか。

使いやすさのポイント

手軽にシミュレーションしてみたい人には、下記のようなシミュレーションサイトが使いやすくておすすめです。

 

  • 金利が選択式などで入力しやすい
  • 諸費用も試算できる
  • 複数の条件をその場で比較できる

 

自分で任意の金利を入力するサイトもありますが、金利タイプなどを選べば適用金利が自動入力されるサイトが手軽に使えておすすめです。

また、住宅ローンを検討する上で諸費用は無視できない金額になることが多いため、まずは諸費用も一緒に試算できるサイトでシミュレーションしてみることがおすすめです。

ただし、諸費用は金融機関によって金額がかなり異なるため、シミュレーションの結果はあくまで目安程度と考えましょう。

シミュレーションサイトの使いやすさランキング

筆者がおすすめするシミュレーションサイトの使いやすさランキング1位~5位をご紹介します。

第1位 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構の住宅ローンシミュレーション

【シミュレーションの内容】

  • 借入可能額と毎月返済額のシミュレーションができる
  • 借り換えのシミュレーションができる
  • 繰り上げ返済のシミュレーションができる
  • 最大3つの返済プランを比較できる
  • フラット35やダブルフラットのシミュレーションもできる

【おすすめの理由】

  • 簡単なシミュレーションから詳細なシミュレーションまで、一通りのシミュレーションが揃っているサイトです。フラット35も検討している人には特におすすめです。
  • 画面がシンプルで使いやすく、詳細シミュレーションでは各項目に用語解説も付いているため、住宅ローンに詳しくない人でも安心して使えます。
  • 諸費用も同時に試算できます。さらに、諸費用を考慮した実質金利「ARP:Annual Percentage Rate(年換算利回り)」を表示させることもでき、複数のローン比較にも適しているサイトです。

住宅金融支援機構のサイトはこちら

第2位 住宅保証機構株式会社

住宅保証機構株式会社の住宅ローンシミュレーション

【シミュレーションの内容】

  • 借入可能額と毎月返済額のシミュレーションができる
  • 借り換えのシミュレーションができる
  • 繰り上げ返済のシミュレーションができる
  • 2つの返済プランを比較できる
  • 複数ローンの組み合せシミュレーションができる
  • より詳細な諸費用の試算ができる

【おすすめの理由】

  • 住宅金融支援機構と同様に、簡単なシミュレーションから詳細なシミュレーションまで、一通りのシミュレーションが揃っているサイトです。
  • 画面がシンプルで使いやすく、全ての項目に用語解説が付いているため、住宅ローンに詳しくない人でも安心して使えます。
  • 諸費用の試算メニューがあります。さらに、引越し代や電話移設費など、詳細な費用を設定することもできます。

住宅保証機構のサイトはこちら

第3位 価格.com

価格.comの住宅ローン比較

【シミュレーションの内容】

  • 借入可能額と毎月返済額のシミュレーションができる
  • 諸費用を含む総支払額の25社500プラン一括比較ができる
  • 住宅ローン控除(減税)の効果を試算できる
  • 借り換えのシミュレーションができる
  • 繰り上げ返済のシミュレーションができる

【おすすめの理由】

  • 簡単なシミュレーションから詳細なシミュレーションまで、一通りのシミュレーションが揃っています。

価格.comのサイトはこちら

第4位 じぶん銀行

じぶん銀行の住宅ローンシミュレーター

【シミュレーションの内容】

  • 借入可能額と毎月返済額のシミュレーションができる
  • 借り換えのシミュレーションができる

【おすすめの理由】

  • 画面が大きくて見やすく、金利も選択式となっており、諸費用も同時に試算できます。
  • 初めてシミュレーションする人や、手軽に概算をシミュレーションしたい人におすすめのサイトです。

じぶん銀行のサイトはこちら

第5位 SUUMO

SUUMO(スーモ)の住宅ローンシミュレーション

【シミュレーションの内容】

  • 購入可能額と月々の支払額をシミュレーションできる。
  • 各条件は全てスライドバーで設定可能。

【おすすめの理由】

  • 諸費用は算出されないものの、各条件のスライドバーをずらすだけで瞬時に購入可能額や支払額の変化を確認することができ、とても分かりやすいサイトです。
  • 各金融機関の最新金利を選択式で入力できます。
  • 色々な条件を微調整しながらシミュレーションしたい人におすすめです。

SUUMOのサイトはこちら

 

なお、諸費用や団体信用生命保険料のように、銀行によって算出方法が異なるものはシミュレーション結果に大きな差が出ることがあります。

住宅ローンを利用したいと考えている銀行があれば、その銀行のシミュレーションサイトも使ってみるとよいでしょう。

まとめ

今回は住宅ローンのシミュレーションに使えるサイトと使いやすさについて説明しました。

多くのシミュレーションサイトでは、新規借り入れの人向けに、「借入可能額」や「毎月返済額」のシミュレーターを提供しています。

また、詳細シミュレーションとして、「繰り上げ返済」や「借り換え」をした場合のシミュレーションができたり、複数のプランを比較できたりするサイトもあります。

手軽にシミュレーションしてみたい人には、金利が選択式で入力しやすいサイトや、諸費用が試算できるサイト、複数の条件をその場で比較できるサイトがおすすめです。

筆者おすすめのシミュレーションサイトとして、第1位~第5位までご紹介しました。

また、住宅ローンを利用したいと考えている銀行があれば、その銀行のシミュレーションサイトも使ってみましょう。

今回のまとめは以上です。

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンなどの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、全国どこでも利用可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    ARUHI(アルヒ)



    ARUHIはフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

    フラット35の金利が最安で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

    保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

    借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

    35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットで、近年、選ぶ人が増えています。

    ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行(10年固定の金利が最安)

>ARUHI/アルヒ(フラット35の最低金利)

地域別 金利比較ランキング

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。

★地域別 金利比較ランキング★

 
 
 
 

【住宅ローンのおすすめ記事一覧】 

関連記事